加圧シャツ・コンプレッションウェアをより効果的に!

このサイトは加圧シャツ・コンプレッションウェアなどを中心に情報提供を行っています。

どうすれば抑えられるの?加圧シャツを着ている時の汗の臭い対策のコツ

   

加圧シャツを着ている時には、汗をかきやすくなります。

汗をかきやすくなれば、その分代謝も良くなると言えますし、ダイエット効果もあるでしょう。

だからそれは、メリットだと言えます。

しかし、汗をかくとどうしても臭いは気になるでしょう。

なのでそれには対策しないとなりません。

そこでここではその汗対策のコツについて紹介します。

絶対おすすめ加圧シャツランキングはこちら

スポンサーリンク

汗を抑えるのは得策ではない

加圧シャツを着ている時の汗の臭い対策として、そもそも汗を抑えるようにするという方法もあるでしょう。

しかし、そもそも汗を抑えるようにするというのは、決して得策ではありません。

というのも、汗を抑えるようにしてしまうと、せっかくの加圧シャツの効果も、薄くなってしまうからです。

たとえば、汗を抑えるようにするには、あまり動かないようにするという方法があります。

なるべく動きを抑えていれば、加圧シャツを着ていても運動効果が高くなることはありませんから、当然汗もあまりかかなくはなるでしょう。

でも、運動効果も少なくなるのです。

ということは、加圧シャツを着ていてもあまり意味がなくなるということになります。

それでは加圧シャツはすごく勿体ないと言えるでしょう。

また、汗をかかないように、水分を取らないようにするというのも良くありません。

水分を取らないと血流も悪くなるので、そういう意味でも良くありませんし、脱水症状の様になってしまう可能性もあります。

それではやはり、危険です。

だから、加圧シャツを着ている時には、汗を防ぐようにするというのは良くないのです。

絶対おすすめ加圧シャツランキングはこちら

スポンサーリンク

汗をかいたらなるべく早く拭く

汗を防ぐのは得策ではない、でも、加圧シャツを着ていると汗をかきやすい。

ということは、汗の臭いについて対策をするしかないのです。

では、加圧シャツを着ている時にたくさん出る汗の臭いは、どのようにすれば抑えることが出来るでしょうか?

まず一つはやはり、汗をかいたらすぐに拭くという方法でしょう。

放置して乾くから臭くなることが多い

汗が臭くなるのは、それを放置して、そしてそれが乾くから臭くなることが多いです。

もちろん全てが全てそうだというわけではなく、そもそもその汗自体が臭いことだってままあります。

でも多くの場合で、かいた汗が放置されて、そしてそれが乾く、あるいは生乾きの様になって臭くなるのです。

それがわかっていれば、汗の臭いを防ぐことだって別段難しくはないと言えます。

なぜなら、汗がそこで乾かないようにすればよいのですから。

汗がそこで乾かないようにするとはいっても、たとえば脇でかいた汗を、お腹の方まで流していくように工夫するとかそういうことではありません。

そうではなく、汗をかいたらすぐに拭くようにすればよいのです。

汗をかいたらすぐに拭くようにしてしまえば、そこで放置されて乾くことはなくなります。

なぜなら強制的にそこで軽く乾かされるわけですから。

加圧シャツを着ていて汗をかくとはいっても、だらだらかくわけではないでしょう。

着ていて、さらに運動をしていればだらだら汗もかくでしょうが、基本的には着ているだけでしょうから、ダラダラかくことはないはずです。

じんわりかいてくるような汗であれば、拭けば十分に対応も出来ます。

なので、是非その都度拭くようにしていってください。

そのためには、薄手のタオルのようなものを常に持ち歩くのがおすすめです。

常に水分をとるようにする

加圧シャツを着ている時にかく大量の汗の臭い対策として、水分を常にとるようにするということも挙げられます。

水分を取ると、確かにその分汗もかきやすくなるでしょう。

でもこれは、汗を防ぐための対策ではなく、汗のにおいを防ぐための対策だから、これで良いのです。

ではなぜ、水分をたくさん摂るようにすると、汗の臭い対策になると言えるのでしょうか?

さらさらの汗になるから

水分をたくさん摂るようにして、どんどん汗を出していけば次第にその汗はサラサラな汗になっていきます。

それは身体の中の毒素などの少ない汗になると言えるでしょう。

そういう毒素などの少ない汗は、その分だけ臭いも少ないのです。

ほぼほぼ無臭の汗になると言えるでしょう。

そんなほぼほぼ無臭の汗がいくらたくさん出ても、あまり臭いは気になりません。

だから、水分をたくさん摂るようにするのはすごくおすすめなのです。

香りの強いものを食べないようにする

汗が臭くなるのは、食べたものの影響であることもすごく多いです。

たとえば、にんにくをたくさん食べた次の日の汗は、やはりその分だけ臭いもきつくなると言えるでしょう。

人の体は、そのように意外と食べたものに対して敏感なのです。

だから、汗のにおいを少しでも抑えたいと思ったら、なるべく香りが強いものは食べないようにするのがおすすめです。

にんにく以外で言うならば、キムチ、そしてニラ、あるいはカレーなどのスパイスの強いもの。

こういうものを避けるようにして、野菜などを中心に食べるようにしていけば、汗の臭いはだいぶ軽減されるはずです。

脂っこいものもだめ

たとえそれ自体があまり臭くなくても、脂っこいものもあまりおすすめ出来ません。

脂っこいものというのは、血液をドロドロにしてしまうところがあります。

血液がドロドロになれば、毒素などもたまりがちになります。

そうなれば、当然汗も臭いがきつくなるのです。

だから、そうならないように、脂っこいものはとらないように意識していくと良いでしょう。

もちろんたまにであれば、ストレス解消にそれを食べるのはアリです。

でも日々そういうものを食べるというのは避けないとなりません。

毛を処理するというのも効果的

加圧シャツを着ていてたくさんかく汗の臭いに対策するためには、毛を処理するというのもおすすめになります。

毛を処理するのと臭いと何の関係があるのかわからないという方もいるかもしれませんが、毛を処理することは、十分臭い軽減に繋がるのです。

というのも、汗をかくと、それが毛によって蒸されてしまうことが多いのです。

たとえば脇です。

脇は特に汗をかきやすいところでありながら、しかも毛もたくさん生えています。

毛があると、どうしてもその分湿度も上がるので、汗も蒸発しづらくなります。

蒸発しないでいると、ますます湿度も上がると言えるでしょう。

しかしそうしてますます湿度が上がると、それによって雑菌が繁殖してくるのです。

その雑菌と汗のにおいが混じり、臭いがきつくなることがあります。

だから、毛を処理するのが効果的なのです。

毛を処理すれば湿度は下がる

最低限、毛を処理すれば湿度は下がると言えるでしょう。

湿度が下がっていけば、そこで雑菌が繁殖する可能性が少なくなります。

そこで雑菌があまり繁殖しなくなるのであれば、その分だけ臭いも抑えることが出来るようになるでしょう。

脇以外ではあまり意味がないかもしれませんが、特ににおうのは脇であることも多いですし、脇に毛が多い方は特に、一度処理してみると良いでしょう。

定期的な処理は必要にはなりますが、それだけの効果はあります。

まとめ

加圧シャツを着ていて大量にかく汗のにおいを抑えるためのコツには、以上のようなことが挙げられます。

どれもそこまで難しいコツではないと言えるでしょう。

だから是非実践してみてください。

せっかく加圧シャツで健康的に鍛えてダイエットしようと思っても、そのせいで臭いという印象を与えてしまっていたら最悪ですから。







スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 加圧シャツ