加圧シャツ・コンプレッションウェアをより効果的に!

このサイトは加圧シャツ・コンプレッションウェアなどを中心に情報提供を行っています。

サイズの小さい加圧シャツはよくない?小さすぎるときの4つのデメリット

   

加圧インナー 加圧下着 加圧Tシャツ 補正インナー 補正下着 スポーツインナー トレーニング お腹引き締め 脂肪燃焼 筋肉 背筋サポート 猫背 姿勢補正 疲労軽減 半袖 着心地快適 メンズ コンプレッションウェア (M, 黒)

加圧シャツは伸縮性に優れており、体を適度に絞めつけることで、姿勢の矯正やダイエットなどに役立つ効果をもたらしてくれます。

その効果をもっと高めたい場合、「小さいサイズでギリギリと絞めつけてやろう」と考えてしまうことがありますが、そんな方法はNGです。

自分に合わないサイズを選んでも、効果が高まるわけではありません。

それどころか、さまざまなデメリットが発生してしまうのです。

では、サイズが小さすぎるときのデメリットについて、詳しく説明していきます。

絶対おすすめ加圧シャツランキングはこちら

スポンサーリンク

継続できない

加圧シャツのサイズが小さすぎた場合、必要以上に圧迫が強くなってしまいます。

そうなると、動きづらさや苦しさを感じるようになるので、継続が難しくなってきます。

加圧シャツを使い、姿勢の矯正やダイエット、筋トレなどを行うためには、しっかりと継続することが大切です。

優れた性能をもつ加圧シャツを使っても、使いづらいと感じてしまい、1日や2日で諦めてしまったとしたら、本当の効果を得ることはできません。

コツコツと継続してこそ、よい効果が出てきます。

そのため、加圧シャツを選ぶときには、「快適に着用できるか」ということが重要になってくるのです。

着るときに不快感を覚えないサイズであれば、無駄なストレスをため込むことがないので、正しい効果が出るまで継続することができます。

しかし、サイズの選択を誤り、小さすぎる商品を選んでしまった場合は、体の圧迫が強すぎて、快適に使うことができません。

体の動きが妨げられたり、苦しさを感じたりするものは、長く着用することができないため、どうしても失敗しやすくなってしまうのです。

サイズが合っていれば効果はある

加圧シャツのサイズをむやみに小さくしたくなる理由には、「効果を高めたいから」というものがあります。

体の圧迫を強くすれば、それだけ得られる効果も高くなると考えてしまうわけです。

しかし、実際には上記のようなデメリットがあるので、効果が高くなることは期待できません。

むしろ、失敗してしまう可能性が高いのです。

本当によい効果を得たいなら、「自分の体に合っている」ということを一番に考えてください。

サイズが合ったものを使っていれば、苦しくなることもなければ、動きづらくなることもありません。

それなら、きちんと継続して使うことができるため、確実な効果を得ることができるのです。

加圧シャツは、サイズをしっかり合わせていれば、十分な加圧ができるようになっているので、圧迫が足りなくなることを心配する必要はありません。

無理に小さいものを使ったりせず、楽に着用できるものを探しましょう。

絶対おすすめ加圧シャツランキングはこちら

スポンサーリンク

痒くなる

加圧シャツのサイズが小さすぎた場合、体が痒くなってしまうことも問題です。

体にぴったりフィットすることは、加圧シャツの大きな特徴ですが、あまり締めつけが強い商品だと、肌のトラブルが起きやすくなってしまいます。

というのも、密着しすぎていると、摩擦が多くなるためです。

加圧シャツの生地が肌と密着し、動くたびに強く擦れることで、痒みを感じるようになります。

特に、汗をたくさんかいているときは要注意です。

その場合、摩擦に加えて、汗によるかゆみも出てきます。

ギッチリと体を絞めつけた上に、大量の汗で蒸れるようなことになれば、あせもができてしまい、とても着用し続けることはできません。

快適に使うためには、必ず自分に合ったサイズにすることをおすすめします。

小さすぎず大きすぎず

加圧シャツを着ていて、もし痒みを感じるようなことがあるなら、ワンサイズ上の商品に変えてみてください。

サイズが適切なら、無駄に摩擦が多くなることはありません。

基本的に体にフィットするものなので、ある程度の摩擦は起きてしまうものですが、きつすぎない商品なら、あまりひどくなる心配はないのです。

ただし、摩擦を減らすために、大きすぎる商品を選ぶのはよくありません。

大きすぎるものは、体を圧迫する力も弱くなってしまうので、加圧シャツの本来の効果を発揮できなくなってしまいます。

重要なのは、自分にとって丁度よいサイズを使うことなので、小さすぎたり大きすぎたりしない、ベストな商品を見つけてください。

睡眠を妨げる

加圧シャツは、サイズの合ったものを使えば、いつでも快適に着用できるようになっています。

そのため、24時間着用可能であることをアピールしている商品も多く、好きなときに使うことができます。

もちろん、寝るときに着て、加圧する時間をより多く確保し、効果を高めるという方法も可能です。

ただし、寝るときに使うのであれば、必ずサイズが合ったものを選ばなければなりません。

もし小さすぎた場合は、圧迫が強すぎることで、よく眠れなくなってしまいます。

普通に着ているだけでも苦しいようなものを、寝るときまで着込んでいたのでは、熟睡できるはずがありません。

そして、毎回そのような方法で使っていると、寝不足になり、体調を崩してしまう恐れもあるのです。

加圧シャツは、ダイエットや筋トレのサポートして役立つ便利な商品ですが、その代償として健康を損なうようでは、使うわけにはいきません。

デメリットを発生させないためにも、サイズはきちんと合わせるようにしましょう。

汗に注意

人間が眠っているときは、体の大きな動きこそありませんが、汗は意外に多く出ています。

そこで気になるのが、小さすぎるものを着ていると、体が痒くなる点です。

先述したように、小さすぎる加圧シャツで汗をたくさんかくと、あせもになる可能性が高くなります。

それに加えて摩擦も多くなるので、強い痒みを感じてしまい、余計に眠れなくなってしまうのです。

良質な睡眠のためには、そうした肌のトラブルを極力抑えなければなりません。

そのためにも、むやみに小さいものを使わず、自分の体に合ったサイズを選びましょう。

破れる

小さすぎる加圧シャツを無理矢理に着用する方法は、自分の体に負荷がかかるだけではなく、加圧シャツの方にも大きなダメージを与えてしまうことがあります。

本来なら使うべきではないサイズの商品に体を通せば、生地がギリギリまで引き伸ばされることになるため、通常よりも破れやすくなってしまうのです。

そうなると、新しいものを購入しなければなりませんが、サイズを合わせない限り、どんなに新品を買っても、すぐに破れてしまいます。

すると、買っても買ってもきりがなく、出費だけがどんどん増えていくことになるのです。

なるべく長持ちさせるためには、きちんと適切なサイズを使うようにしましょう。

金剛筋シャツは特に注意

加圧シャツの中には、スパンデックス繊維を多く使った、金剛筋シャツと呼ばれる商品があります。

金剛筋シャツは、他の加圧シャツよりも小さめにできており、加圧力も強くなっているため、効果の高い商品として注目されているのです。

ただし、小さめにできているからこそ、サイズ選びは慎重に行うべきです。

金剛筋シャツで必要以上に小さいものを選ぶと、余計に破れやすくなってしまいます。

スパンデックス繊維が多いことで、伸縮性も高くなってはいますが、無茶な使い方を続ければ、さすがに耐えることはできません。

金剛筋シャツは、「破れやすい」という口コミを見かけることもありますが、小さすぎることが原因である場合も多いのです。

せっかく効果の高い商品を着用するなら、適切なサイズを選んで、なるべく長く使うようにしましょう。

まとめ

加圧シャツは、体にピッタリとフィットすることが重要であるため、小さければ小さいほど効果が高いように考えてしまうことがあります。

しかし、あまりに小さい商品だと、ここで紹介したようなデメリットに悩まされ、失敗してしまうことも多いのです。

それを避けるためには、「小さければよい」という極端な考えで選ぶのではなく、「自分に合っているか」ということを優先させてください。

自分にとって使いやすく感じるものなら、確実な効果を得ることができます。







スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 加圧シャツ