加圧シャツ・コンプレッションウェアをより効果的に!

このサイトは加圧シャツ・コンプレッションウェアなどを中心に情報提供を行っています。

ダンベルで筋トレをするなら朝食を摂るのが効果的!その5つの理由とは?

   

ダンベルを使って筋トレをするなら、朝食を摂るのが効果的です。

朝食をしっかり摂り、栄養を補給することは、筋トレだけでなく健康を維持するためには大切なことです。

痩せたいから、忙しいから、などの理由で朝食を抜くことは良くなく、筋トレでパフォーマンスを十分に発揮したり、日中活動的になったりするには朝食を摂った方が良いのです。

私が絶対おすすめするダンベルランキングはこちら

スポンサーリンク

朝食を摂った方が良い理由1.1日元気に過ごすため

朝食をしっかり摂れば、元気に動くためのエネルギーを補給することができます。

朝起きた時は、エネルギーが不足しがちな状態です。

それは、長い時間食べていないことと、睡眠中に身体を回復させるためにエネルギーを使用しているからです。

朝食を摂ることで、エネルギーが不足している状態にエネルギーを補給することができ、朝から元気に動くことができる効果を期待することができます。

人間のエネルギー源になる糖質が不足していると、代わりに筋肉を分解してたんぱく質をエネルギーとして消費しようとします。

そのようになっては筋トレ効果が低下してしまうため、筋トレを効果的にする意味でも、朝食を摂ることは大切なのです。

また、朝食を摂った後の午前中に筋トレをするのであれば、筋トレで十分に力を発揮し、質の良いトレーニングするために朝食でエネルギーを摂っておくことは必要です。

朝食を抜いてしまうと朝から元気を出すことはできず、元気のないまま1日が過ぎてしまったり、ハードな筋トレで疲労しやすくなってしまったりする可能性があります。

私が絶対おすすめするダンベルランキングはこちら

スポンサーリンク

朝食を摂った方が良い理由2.お腹が減りにくくなる

朝食を抜くと、昼食までに空腹を感じやすくなります。

ダイエットや健康のためにダンベルを使って筋トレを頑張っていても、空腹を感じることでお菓子など間食ばかりしていると、逆に摂取カロリーは多くなってしまいます。

筋肉を増強するには、消費カロリーよりも摂取カロリーの方が多くなることが大切ですが、摂取カロリーが多くなりすぎることは良くありません。

消費カロリーよりも摂取カロリーの方がかなり多くなることで、脂肪が蓄積しやすくなります。

そのため、カロリーの摂り過ぎには注意が必要です。

カロリーを摂り過ぎないようにするには、空腹感を上手にコントロールすることが大切であり、朝食の時に腹持ちの良いものを食べることによって、お昼までの空腹感を抑えやすくなります。

空腹感を抑えることにより、間食の摂り過ぎを抑えることができ、カロリーの摂り過ぎを抑えることもできます。

朝食を摂った方が良い理由3.モチベーションが高まる

朝起きた時のエネルギーが不足している状態に、朝食を摂ってエネルギーを補給することで、モチベーションを高めることが可能です。

エネルギーが不足している状態だと、何をするにしてもやる気が湧いてこないことでしょう。

ですが、朝食でエネルギーを補給すれば、エネルギーが足りないことにより疲労感や倦怠感を抑え、身体が元気な状態になることでモチベーションが高まりやすくなります。

朝食を食べる時間を十分に確保すると良い

モチベーションを上げやすくするには、朝食はゆっくり食べると良いです。

急いで食べると精神的に余裕がなくなってしまう場合があり、やる気が湧いてこなくなってしまう場合もあります。

そのため、朝食を食べる時間は十分に確保してゆっくりと食事をし、精神的に良い状態で1日のスタートをきることが大切です。

精神的に余裕があることによってモチベーションは高まりやすく、ダンベルでの筋トレでも意欲をもって行うことができます。

モチベーションが高い状態で筋トレを行うことは、質の高いトレーニングができることに繋がり、筋トレ効果を高めることが可能です。

朝食を摂った方が良い理由4.筋トレ効果を十分に引き出すため

前述した通り、エネルギーが不足している朝にしっかり食事をすることでエネルギーを補給することができ、様々なことに意欲的になる効果も期待することができます。

そのことは、ダンベルでの筋トレ効果を十分に引き出すためにも大切なことです。

朝にエネルギーをしっかり補給することで、運動や脳などの機能を高めることができ、集中力やモチベーションなども高めることができます。

精神的にも良い影響が出るため、ハードなトレーニングにも耐えやすくなります。

それらのことから、肉体的にも精神的にも良い状態にするには朝食を摂ることは大切です。

朝食を摂ることにより、筋トレでは十分に追い込みやすくなるため、朝食をしっかり摂ることは筋トレ効果を十分に引き出すことに繋がります。

朝食を摂った方が良い理由5.朝から代謝が良くなる

朝起きた時は体温が低めですが、朝食を摂ることによって体温を上げるのをサポートし、新陳代謝を促すことができます。

1日の始まりである朝から体温を上げておくことで、起きている時の体温を平均的に高くすることができます。

平均的に体温が上がることでエネルギーの消費量は多くなり、基礎代謝をアップすることができます。

つまり、朝食を摂ることにより太りにくい体質になる訳です。

代謝を上げることは筋トレにも効果的で、パフォーマンスのアップや疲労の回復などにも繋がります。

ダイエットのために筋トレをしている場合の朝食

ダイエットのためにダンベルを使って筋トレをしているなら、朝食はちゃんと食べるべきです。

痩せるために朝食の量を少なくしてしまうと、昼食までに空腹感を感じやすくなります。

そのことによって、お菓子などカロリーの高いものを多く摂ってしまう可能性があるため、ダイエットをするからといって朝食を少なくしてはいけません。

本気で痩せたいのなら、朝食こそしっかり食べることが大切です。

また、昼食もしっかり食べるようにしましょう。

そして、夕食は少なめにすると効果的です。

多くの人は日中に活発的に活動し、夜はゆっくりとします。

そのため、夜に摂った食事はエネルギーとして消費されにくくなり、夜にたくさん食べると脂肪として蓄積されやすくなります。

一方、朝食や昼食で摂ったエネルギーは、日中に活動することで消費されやすいため、脂肪になりにくいと言えます。

それらのことから、ダイエットのために筋トレをしているのなら、朝食と昼食はちゃんと食べて、夕食は少なめにすると効果的です。

午前中に筋トレをする場合の朝食

朝食を食べてから1、2時間後に筋トレをする場合は、朝食をいつもよりも少なめにすると良いです。

朝食をいつものようにしっかり食べてしまうと、朝食を摂ってから1、2時間経過していても、お腹が満たされている感じが残り、身体が動きにくく感じてしまうなど、パフォーマンスが低下してしまう場合があります。

つまり、朝食によってエネルギーを補給することができても、お腹が満たされ過ぎることで筋トレを十分にできない可能性があるのです。

そのため、朝食から1、2時間後に筋トレをする場合は、いつもよりも少なめに朝食を摂ることをおすすめします。

エネルギーが不足しているように感じる場合は、筋トレの前にオレンジジュースなどを飲むと良いでしょう。

一方、朝食を摂ってから3、4時間後に筋トレをする場合は、朝食はいつもの量で問題ありません。

朝食を摂ってから3、4時間経過すれば、お腹が満たされる感じにより筋トレを邪魔されることはないでしょう。

まとめ

朝食は、1日元気に活動するためにもちゃんと食べることが大切です。

1日元気に活動できることにより、ダンベルを使った筋トレ時にもパフォーマンスを発揮しやすくなります。

もし、忙しいことで朝食を食べる時間があまりない場合は、牛乳をかけたシリアルなどがおすすめで、たんぱく質などが足りない場合はプロテインも一緒に摂ると良いでしょう。

ちなみに筋トレを午後に行う場合は、朝食はいつものようにしっかり食べると良いです。







スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ダンベル