加圧シャツ・コンプレッションウェアをより効果的に!

このサイトは加圧シャツ・コンプレッションウェアなどを中心に情報提供を行っています。

加圧シャツの副作用?加圧シャツを着ている時のあせも対策方法

   

HONENNA 加圧インナー 2セット 加圧シャツ 着圧スポーツインナー メンズ 半袖 インナー 男性用機能性肌着 コンプレッションウェア 吸汗速乾 姿勢矯正 猫背解消 (M, ブラック)

加圧シャツを着ていると、それによってあせもが出来てしまうことがあります。

やはりあせもが出来てしまうと、肌もかゆくなりますし、そして何より見た目も汚くなりますから、それは避けたいと思うものです。

そこでここでは、加圧シャツを着ている時のあせも対策の方法について紹介していきたいと思います。

こうしてあせもに対策していきましょう。

絶対おすすめ加圧シャツランキングはこちら

スポンサーリンク

そもそもなぜあせもができてしまうのか

まずそもそも、なぜ加圧シャツを着ているとあせもが出来てしまうと言えるのでしょうか?

加圧シャツを着ていると身体が締め付けられますが、それが関係あるのでしょうか?

それは、直接的にはあまり関係ないと言えるでしょう。

やはりあせもが出来てしまうのは、たくさん汗をかくからということと、たくさん汗をかく上に、その汗への対処もきちんとしていないからだと言えるでしょう。

加圧シャツを着ていると汗をかきやすくなる

まず、加圧シャツを着ていると汗をかきやすくなるといえます。

それは、加圧シャツを着ていると、ただの日常的な行動においても、運動効果が高くなります。

たとえば、ただ料理をしているだけでも、運動効果が高くなるのです。

それは当然、仕事をしている時でも同じことです。

いつも通り普通に仕事をしているだけなのに、筋肉にかかる負荷は高くなります。

身体は、締めつけられていると当然多少なりとも動かしづらいです。

そうして動かしづらい状態で身体を動かしていくためには、その分だけ強いエネルギーが必要になります。

強いエネルギーを使うということはイコールで汗をかきやすくなるという事です。

だから、加圧シャツを着ていると汗をかきやすくなると言えるのです。

汗をかかないようにするのは難しい

でも、汗をかかないようにするというのは、基本的には難しいでしょう。

もちろんその方法もないわけではありません。

たとえば、そもそも高いエネルギーを使わないでも済むように、あまり身体を動かさないようにするのです。

そうすれば、汗をかくほどのエネルギーを使わなくなりますから、その分汗をかきづらくなるでしょう。

ただそれには一つの大きなデメリットがあります。

それが、運動効果も小さくなるということです。

つまり加圧シャツを着ている意味が無くなってしまうのです。

それではわざわざ買った加圧シャツがすごく無駄になります。

だから身体を動かさないようにするというのはおすすめできません。

基本的には汗を抑えるのは難しいのです。

ではどうすればあせも対策が出来るかと言うと、それはやはり、かいた汗への処理をしっかりとするしかありません。

絶対おすすめ加圧シャツランキングはこちら

スポンサーリンク

汗をかいたらなるべくすぐに拭く

かいた汗への対処方法としてまず挙げられるのは、汗をかいたらなるべくすぐに拭くという事です。

汗をかいた後にしばらく放置していたら、その分だけ汗は詰まりやすくなります。

汗が詰まってしまうことで出来るのがあせもになりますから、そうさせない為にも、汗をかいたらすぐに拭くようにするのがおすすめです。

そのためには、加圧シャツを着ている時には、基本的には大きめのハンカチやタオルなどを持ち歩くようにした方が良いでしょう。

大きめのハンカチやタオルがあれば、加圧シャツを着ていて頻繁にかく汗を、頻繁に拭いたとしても、その都度しっかりと汗を拭きとっていけます。

これがたとえば、小さめのタオルやハンカチだったりしたら、拭いている間にびしょびしょになってしまったりします。

それで拭こうとしても、次からは上手く拭き取ることは出来ないでしょう。

そうなったら意味がありませんから、出来れば大きめのタオルやハンカチを持ち歩くべきなのです。

頻繁に拭くことは体臭対策にもなる

そうして頻繁に汗を拭くのは、あせも対策以外にも効果を発揮します。

たとえば、体臭対策です。

頻繁に汗をふいていけば、その分汗が乾いて悪臭を発することが無くなります。

誰だって、自分から不快なにおいが発せられるのは嫌なはずです。

だから、それを防ぐことが出来るというのは、大きなポイントになるでしょう。

ただあせも対策としてだけ、ハンカチやタオルのも持ち歩くのには抵抗があるという方も、こうして体臭を防ぐことが出来ると分かれば、それをする気にもなるのではないでしょうか?

毎日しっかりと湯船に入る

加圧シャツを着ている時のあせも対策の方法として、毎日しっかりと湯船に入るという方法も挙げられます。

別に湯船に入ったからといって、汗をかきづらくなるわけではありません。

でも、かいた汗の質が良くなるのです。

汗はたまると質が悪くなる

基本的に、加圧シャツを着ている方は、普段はあまり運動をしないという方が多いのではないでしょうか?

もちろん中には、筋トレの効果をより高めたいから、加圧シャツを着ているという方もいるかもしれません。

そういう方であれば、普段から運動をしているでしょう。

しかし多くの方は、そうではなく、普段の運動不足を解消するために加圧シャツを着ているはずです。

そうであれば、やはり普段汗もかかないでしょう。

でも、そうしてあまり汗をかかずに汗を貯めていると、いざ汗が出た時に汗の質が悪くなります。

老廃物などでいっぱいの汗になるでしょう。

それではやはり、あせももできやすくなります。

だからそうならないように、普段から汗をかいておくべきなのです。

汗をかく為に湯船に入る

でも、普段から運動しようとしても、なかなかそうは出来ない方も多いはずです。

だからこそ、湯船を活用するのです。

普段から湯船に入るようにしていれば、その湯船で汗をかくことが出来ます。

だから、加圧シャツを着ていて汗をかいた時にも、汗の質が悪くなりません。

しかも湯船に入るくらいであれば、たいして時間や労力をかけなくても可能です。

誰でも簡単に続けることが出来るでしょう。

なので、日々湯船に入るというのもおすすめの方法になります。

あまり長時間きないようにする

また、あせも対策として、あまり長時間きないようにするという方法もあります。

加圧シャツは基本的にはある程度長時間着ていた方が効果は出やすいです。

でも、ある程度の時間だけ着て、その時間だけなるべくたくさん動くようにしていれば、結果効果は同じくらいになるものです。

そういう風に着ていくのもアリでしょう。

そしてそういう風に着ていけば、それがあせも対策になります。

ずっと汗をかいていると拭き切れない

長時間着ているということは、その分長時間汗をかくという事になります。

そうして長時間汗をかいていたら、やはり拭こうとしても拭き切れないものです。

だからあせもはできやすくなります。

でも、短時間であれば、頻繁に拭くことも可能でしょう。

そしてそれ以外の時間は特別気にする必要はないのですから、その方が楽にケアしていけるはずです。

そういう風にメリハリを付けていくことで、加圧シャツを着ているという気持ちも高まるでしょうし、メンタル的なところからも加圧シャツの効果を引き出しやすくなるでしょう。

そういう意味では、この方法は一石二鳥だと言えます。

まとめ

加圧シャツを着ている時のあせも対策の方法としては、以上の通りになります。

こうして工夫してあせも対策をしていけば、加圧シャツを着ていてもあせもが出来ずに過ごすことが出来るでしょう。

せっかく加圧シャツを買っても、あせもが出来たらもう着たくなくなるでしょうし、そうならないように、是非これらのことを参考に適切に対処していってください。







スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 加圧シャツ