加圧シャツ・コンプレッションウェアをより効果的に!

このサイトは加圧シャツ・コンプレッションウェアなどを中心に情報提供を行っています。

加圧シャツの寿命とは?長持ちさせるにはどうすれば良いの?

   

どのような物にも基本寿命があります。

そのため、加圧シャツにも当然寿命はあります。

寿命がきた加圧シャツを着ていても効果を期待することができないので、買い替える必要があります。

加圧シャツを着用している方の中には、加圧シャツの寿命が分からない方もいるかと思います。

その方のために、ここでは加圧シャツの寿命について解説していきます。

それと、加圧シャツを長持ちさせるコツも解説していきます。

絶対おすすめ加圧シャツランキングはこちら

スポンサーリンク

加圧シャツの寿命ってどのくらい

「加圧シャツってどのくらい持つのだろう?」と疑問に感じたことがある方もいるかと思います。

その疑問の答えは、「6カ月くらい」になります。

その6カ月というのは一般的な加圧シャツの寿命であり、目安になります。

また、「6カ月くらい」というのは、毎日同じ加圧シャツを着た場合になります。

そのため、毎日同じ加圧シャツを着なければ、もっと持つということになります。

つまり、一般的な加圧シャツの寿命は6カ月くらいですが、使用頻度によって寿命は変わるということです。

長い期間使い続け、伸びたりよれたりしていなくても、劣化している可能性はあります。

劣化していると、効果が薄くなってしまう可能性があるので注意が必要です。

したがって、見た目に変化がなくても、数年使い続けたら買い替えた方が良いでしょう。

品質が良い方が長持ちする

先程、加圧シャツの寿命は「6カ月くらい」と言いましたが、その寿命は一般的な寿命で、加圧シャツの種類によって寿命は変わってきます。

加圧シャツは注目されていることから、様々なメーカーが販売しており、種類によって品質が違ってきます。

品質が良い物があれば悪い物もあり、品質の高さが寿命に大きく関わってきます。

当たり前ですが、品質が良いと寿命は長くなり、品質が悪いと寿命は短くなります。

そのため、品質の良いものを購入することが大切です。

ですが、加圧シャツを初めて購入する場合は、どれが品質が良いのか分からないかと思います。

そのような場合は、ネットでの評判や口コミを参考にし、公式サイトの説明もしっかり確認すると良いでしょう。

劣化して効果が低くなったら買い替えましょう

品質の悪い加圧シャツでなければ、それなりに持ちます。

そのため、正しく使っていれば長持ちさせることができますが、見た目が明らかに劣化していたら買い替えることが大切です。

加圧シャツは普通の下着などよりは高いですが、それほど高価なものではありません。

劣化して効果が低くなった加圧シャツを着ていても意味がないので、お金を出しおしみしないで、長い期間使ったり効果を感じなくなったら買い替えることをおすすめします。

絶対おすすめ加圧シャツランキングはこちら

スポンサーリンク

寿命がきた加圧シャツを着続けると

買い替えないでずっと同じ加圧シャツを着ていると、当然加圧シャツは劣化します。

では、寿命がきた加圧シャツを着ているとどうなるのでしょうか?

当たり前ですが、加圧シャツで得られる効果が低くなるか、効果が全く得られなくなってしまいます。

そのため、基本身体を害することはありませんが、バランスが悪くなってしまう可能性は少なからずあります。

バランス良く圧力が加わることが大切

加圧シャツは着圧によって上半身を適度に締め付け、様々な効果を得るシャツです。

そして、加圧シャツは上半身のバランスを考慮して作られたものです。

加圧シャツはバランス良く身体を締め付けますが、劣化したものや寿命がきたものは着圧のバランスが崩れている可能性が少なからずあります。

着圧のバランスが崩れていると、当然身体を締め付けるバランスも悪くなり、バランスの悪い身体になる恐れがあります。

「バランスの悪い身体になる恐れがある」と聞くと怖くなる方もいるかた思いますが、そうなるとは限らず、可能性の話なので安心してください。

加圧シャツは、上半身に圧力を加えることで姿勢を良くする効果も期待することができますが、加圧のバランスが悪くなった劣化した加圧シャツだと姿勢を良くする効果を期待することができません。

姿勢が悪いままだと腰には負担がかかり腰痛を起こしやすくなるので、劣化していない加圧シャツを着るようにしましょう。

加圧シャツの劣化を促進させる原因

加圧シャツはスパンデックス繊維という素材を使っているため伸縮性が優れており、上半身に適度に圧力を加えることができます。

そのことによって、トレーニングをサポートする効果や姿勢を良くする効果などが期待できますが、毎日同じ加圧シャツを着用し、毎日洗濯をすると、加圧シャツは傷みやすくなります。

また、着方が乱暴だったり、扱い方が悪かったりすることも加圧シャツの劣化を促進させる原因になります。

加圧シャツが傷むと、伸びたりよれたり、酷い場合は破けてしまうこともあります。

そのような状態になっては、加圧シャツの効果を得ることは難しくなってしまいます。

なるべく長く使うには、長持ちさせる使い方をしなくてはいけません。

加圧シャツを5、6枚用意すると長持ちする

加圧シャツの劣化が促進される原因が頻繁に同じ加圧シャツを着ることなので、加圧シャツを複数用意して、一つの加圧シャツにかかる負担を減らせば良いのです。

加圧シャツの効果を得るには毎日着る必要がありますが、同じ加圧シャツを毎日着ると6カ月くらいしかもちません。

着れば着るほど劣化は進んで寿命は短くなってしまうので、加圧シャツは5、6枚用意して着まわすと良いでしょう。

加圧シャツは下着のように使うため、清潔を維持するには着たら洗濯する必要があり、暑い時期だと1枚では足りません。

そのことからも、加圧シャツは複数購入することをおすすめします。

着用した後ちゃんと洗濯すると長持ちする

身体から分泌される汗や皮脂は、加圧シャツの劣化を促進させるので、着用したらちゃんと洗濯することが長持ちすることに繋がります。

洗濯をする時は洗濯機ではなく、手洗いの方がおすすめです。

それは、手洗いの方が加圧シャツに与えるダメージが少なくなるためです。

しかし、「毎回、手洗いするのは面倒だから洗濯機を使いたい」という方は多くいるかと思います。

洗濯機を使っても問題ありませんが、洗濯機を使う場合は洗濯用ネットを使用しましょう。

洗濯用ネットに入れて洗濯することにより、洗濯の際、加圧シャツに加わるダメージを軽減することができます。

洗濯機に「手洗いコース」など優しく洗えるコースがあれば、そのコースで洗いましょう。

ちなみに、使用する方はいないかと思いますが、塩素系の漂白剤の使用はNGになります。

加圧シャツの素材として使用されているスパンデックス繊維は塩素系の漂白剤に弱く、それを使用すると加圧シャツに大きなダメージを与え傷んでしまいます。

そのため、塩素系漂白剤の使用は避けてください。

乾かす時は陰干しすると長持ちする

加圧シャツを洗濯したら干す必要がありますが、干す時は天日干しではなく陰干ししましょう。

天日干しをすると、紫外線や熱の影響を受けてしまいます。

加圧シャツに使用されているスパンデックス繊維は紫外線や熱で劣化してしまうので、加圧シャツを洗濯したら陰干しをしましょう。

風が通りやすいところで陰干しをすると、乾きやすくなります。

まとめ

加圧シャツの一般的な寿命は「毎日同じ加圧シャツを着ると6カ月くらい」になります。

加圧シャツは高価な物ではありませんが、安い物でもありません。

そのため、ここの長持ちさせるコツを参考にして、できるだけ長持ちさせるようにしてください。

劣化すると効果が低くなるので、買い替えるタイミングに注意して着るようにしましょう。







スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 加圧シャツ