加圧シャツ・コンプレッションウェアをより効果的に!

このサイトは加圧シャツ・コンプレッションウェアなどを中心に情報提供を行っています。

加圧シャツの洗い方とは?洗い方のポイントや注意することを解説!

   

加圧シャツは、着圧により様々な効果を得ることができますが、汗をかきやすいものでもあります。

汗をかいたら当然洗う必要があります。

それでは、加圧シャツはどのようにして洗えば良いのでしょうか?

加圧シャツを購入しても、間違った洗い方をしてダメになったら悲しい思いをしてしまいます。

ここでは、加圧シャツの正しい洗い方を解説していくので、加圧シャツの正しい洗い方を知らない方は、ぜひご覧ください。

絶対おすすめ加圧シャツランキングはこちら

スポンサーリンク

加圧シャツを洗濯機で普通に洗うのはおすすめできない

ほとんどの方は、一般的なTシャツやパンツなどを洗う時は洗濯機を使います。

そのため、加圧シャツを洗う時も洗濯機を使う方は多くいるかと思います。

私は、加圧シャツを洗濯機で洗ったことがありますが、何事もなく普通に洗うことができました。

ですが、加圧シャツを洗う時に洗濯機を使うことは、良いとはいえません。

加圧シャツには着圧があり、身体を適度に締め付けることによって様々な効果を得ることができます。

その着圧を生み出すために、加圧シャツは伸縮性や耐久性などに特化した素材を使用して作られています。

基本丈夫に作られており、ちょっとのことで傷んだり破けたりすることはありませんが、普通に洗濯機で洗うことはおすすめできません。

では、どのようにして洗うのがおすすめなのかというと、それは「手洗い」になります。

伸びると着圧が弱くなる

加圧シャツを着るだけでウエストを引き締めるなどの加圧効果を得られることができるのは、伸縮性に優れた生地を使用しているからです。

そのことから、加圧シャツを持っている方の中には、洗濯で伸びたり縮んだりすることが気になる方もいるかと思います。

加圧シャツは、シャツ自体が伸びてしまうと着圧が低下してしまい、加圧効果も低下してしまいます。

そのため、洗濯によって伸びないようにすることが大切になりますが、洗濯機で普通に洗うと加圧シャツの生地がダメになってしまう可能性があります。

そこでおすすめしたい加圧シャツの洗い方は、手洗いになります。

絶対おすすめ加圧シャツランキングはこちら

スポンサーリンク

手洗いのポイント

手洗いは優しく洗うことができるので、加圧シャツの生地を傷めにくくなります。

そのため、手洗いは加圧シャツの機能を維持しやすい洗い方になります。

ですが、加圧シャツを手洗いする時はいくつかポイントがあります。

そのポイントとは、30度以下の水を使用する・塩素系漂白剤は使用しないこと・優しく洗うこと・ドライクリーニングはしないこと・強く絞らないこと・乾燥器を使わないで陰干しすること・アイロンをかける時は80度から120度までの低い温度でかけること、などになります。

これらのポイントを押さえて加圧シャツを手洗いすると、生地を傷めにくくなるので、加圧シャツの寿命を伸ばすことが可能になります。

洗濯機を使う時は洗濯ネットを使用すること

「手洗いは面倒」という方や、「手洗いする暇がない」という方は多くいるかと思います。

加圧シャツを洗濯機で普通に洗うのはおすすめできないと言いましたが、洗濯機を使用する際、二つのことに気を付ければ洗濯機を使用しても大丈夫です。

その気を付けることの一つ目は、他の洗濯物と一緒に洗わないことです。

加圧シャツは比較的強い素材で作られていますが、他の洗濯物と一緒に洗うことで少なからずダメージを与えてしまいます。

それが繰り返されると、比較的丈夫な加圧シャツでもダメになってしまいます。

そのため、加圧シャツは他の洗濯物と一緒に洗うことはおすすめできません。

気を付けることの二つ目は、洗濯ネットを使うことです。

加圧シャツを裏返しにし、洗濯ネットに入れて洗えば、加圧シャツに加わるダメージを少なくすることができます。

洗濯ネットに入れることにより、他の洗濯物と絡まったりすることを防ぐことができるので、ダメージを小さくすることができるのです。

そのため、どうしても洗濯機を使いたいという方は、洗濯ネットに加圧シャツをいれて洗うと良いです。

加圧シャツを脱水して乾かす方法

洗濯物を乾かすのに乾燥器を使いたくなることがありますが、加圧シャツを乾燥機で乾かすことはおすすめできません。

それは、乾燥器で乾かすと加圧シャツを傷めてしまうからです。

また、脱水するときに手で絞る行為も加圧シャツを傷める原因になるので止めましょう。

では、どのようにして脱水して乾かすのが良いのかというと、タオルドライして干すのがおすすめです。

加圧シャツをバスタオルなどで挟み、タオルドライすることによって加圧シャツに含まれている水分を吸収することができ、乾きやすくなります。

そして、干す時は紫外線によるダメージを避けるために、陰干しにすると良いです。

加圧シャツは基本速乾性に優れていることから、扇風機の風などでも乾かすことが可能です。

手で絞るのは良くない

タオルなどの洗濯物を手洗いした後は手で絞りますが、加圧シャツを手で絞ることはおすすめできません。

先程も言いましたが、手で絞ることによって加圧シャツにダメージを与えてしまい、傷めてしまうからです。

手で絞るという行為は、特に大きなダメージを与えてしまい、最悪破けてしまうので手で絞らないようにしましょう。

多くの加圧シャツは速乾性に優れているので、先程説明したタオルドライで十分水気を抜くことが可能です。

乾いているのに干し続けるのは良くない

多くの方がやりがちなことですが、乾いているのにずっと干すのは良くありません。

洗濯物を干した後はほったらかしにしがちですが、長時間ほったらかしにすると伸びる可能性が少なからずあります。

それは、ハンガーなどにかけて長い時間干すことにより、長い時間重力の影響を受けるからです。

加圧シャツはそんなにヤワなシャツではありませんが、少しでも伸びてしまう可能性があることは避けた方が良いでしょう。

何枚か持っていると良い

加圧シャツの一番の特徴は伸縮性であり着圧なため、洗濯などによって少しでも伸びてしまうと加圧シャツの効果は低くなってしまいます。

加圧シャツは身体に圧力をかけることにより効果を発揮するものなので、生地が伸びてしまうと身体にかかる圧力が弱くなるということは理解できるかと思います。

加圧シャツの伸び縮みを予防する方法として手洗いがありますが、加圧シャツを何枚か購入しておくことも大切です。

5、6枚、加圧シャツを持っていれば、ローテーションして着ることができ、加圧シャツ1枚にかかる負担は少なくなります。

そのことにより、加圧シャツの伸び縮みを防ぎやすくなり、長く使用することが可能になります。

これらのことから、特に1日中加圧シャツを着ている方はたくさん購入しておくと良いです。

洗濯機で普通に洗ってはダメなのか

加圧シャツを洗濯機で普通に洗っている方も多くおり、洗濯機で普通に洗っても良いですが、長持ちさせたいのなら洗濯ネットを使用するか、手洗いをすることをおすすめします。

洗濯機で普通に洗って加圧効果が低くなったら悲しいですし、せっかく買ったのだからできるだけ長く使いたいものです。

また、加圧シャツは安い物とは言えないので、手洗いをしたり洗濯ネットを使ったりして、大事に使用することをおすすめします。

まとめ

以上、加圧シャツの正しい洗濯の仕方について説明してきましたが、いかがでしたか?

加圧シャツを洗う時は、ここで説明したポイントを押さえて洗濯することが大切です。

洗濯によって加圧シャツが伸びたら、身体を引き締める力は弱くなり、効果は薄れてしまうので注意しましょう。

それでは、加圧シャツを正しい方法で洗い、長く使ってください。







スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 加圧シャツ