加圧シャツ・コンプレッションウェアをより効果的に!

このサイトは加圧シャツ・コンプレッションウェアなどを中心に情報提供を行っています。

加圧シャツの着用でめまいや吐き気が起きる原因とは? 対策もしっかり説明!

   

筋トレやお腹をスリムにすることなどをサポートするアイテムとして注目されている加圧シャツ。

多くの人から注目されていることから、「効果がある」や「効果を感じない」ということも話題になっています。

そして、中には加圧シャツを着ていたら、めまいや吐き気がしたという人もいます。

それでは、加圧シャツを着用して、どうしてめまいや吐き気が起きてしまうのでしょうか。

ここでは、加圧シャツとめまいや吐き気の関係性、対策などを説明していきます。

絶対おすすめ加圧シャツランキングはこちら

スポンサーリンク

着圧が原因

多くの加圧シャツはスパンデックス繊維という特殊な素材を使用しており、伸縮性が優れています。

加圧シャツは、その優れた伸縮性を利用して身体に適度な圧力を加え、加圧効果を得るという仕組みになっています。

そのため、着圧が弱いと効果は薄くなってしまいます。

着圧が弱い原因は、粗悪品を選んでしまっている・サイズが大きめ・加圧シャツの劣化、などが考えられます。

加圧シャツを購入する人が増えていることから、多くのメーカーが加圧シャツを販売しており、中には質が悪い粗悪品も存在します。

質が悪い加圧シャツは、着圧が弱かったり、劣化しやすかったりするため注意が必要です。

また、サイズが大きいと当然着圧は弱くなり、劣化すると伸縮性が低下するため着圧は弱くなります。

つまり、身体を適度に締め付けるものを着ることが大切になりますが、高い加圧効果を得たいという理由で小さすぎるサイズを購入する方もいます。

ですが、自分に適したサイズではない小さすぎる加圧シャツを選んでしまうと、着圧が強すぎることによって、めまいや痺れ、吐き気などの症状が現れてしまう場合があります。

着圧が強すぎるとめまいや吐き気が起きる理由

では、なぜ着圧が強すぎるとめまいや痺れ、吐き気などが起こりやすくなるのでしょうか?

それは、身体を締め付ける力が強すぎると、血流が滞りやすくなるからです。

血液は酸素や栄養を運んでおり、血流が滞りやすくなると頭への酸素が不足し、酸欠になってしまいます。

そのため、小さすぎる加圧シャツを着ると、めまいや痺れなどが起こりやすくなります。

自分に合ったサイズを選ぶことにより、めまいなどの症状は起こりにくくなるため、小さすぎるサイズは選ばないようにしましょう。

また、自分に適したサイズでも、着圧が強すぎるように感じたり、不快感が強かったり、体調が悪くなったりした場合は我慢しないですぐに脱ぎましょう。

絶対おすすめ加圧シャツランキングはこちら

スポンサーリンク

加圧シャツが原因ではなく体調が悪いことも考えられる

めまいや吐き気は、加圧シャツの強すぎる着圧だけが原因になる訳ではなく、体調が悪いことも原因になります。

加圧シャツの効果を得るには、毎日長時間着用することが大切です。

そのため、体調が悪い時も着てしまうことがあるかと思います。

しかし、体調が悪い時に加圧シャツを着るのはおすすめできません。

それは、体調が悪い時に加圧シャツを着ることで、更に体調が悪くなる恐れがあるからです。

体調不良時に身体に刺激を与え続けるのは良くない

多くの加圧シャツは「24時間トレーニングすることが可能」とも主張しており、加圧シャツを着ると上半身に圧力が加わり、筋肉は刺激されます。

つまり、加圧シャツを着ている間は、少なからず常に負荷がかかっている状態になります。

体調が悪い状態で加圧シャツを着て、常に負荷を与え続けることは当然身体に良くなく、体調が更に悪くなってしまいます。

体調が悪化することによって、めまいや吐き気などの症状が現れることもあるので、「今日は体調悪いな~」と感じた時は加圧シャツを着用しない方が良いでしょう。

着圧が強すぎることによるめまいや吐き気の対策

ここまで説明したように、加圧シャツの着用でめまいや吐き気がする原因として考えれれることは、「強すぎる着圧」や「体調不良での着用」になります。

そのため、それら原因になることに対処すれば、加圧シャツでめまいや吐き気、痺れなどが起こる確率は低くなります。

着圧が強すぎることによるめまいや吐き気は、小さすぎる加圧シャツを着ることが原因になるので、その場合の対策は自分に適したサイズのものを選ぶことになります。

自分に適したサイズのものでも着圧が強すぎる場合は、ひとつ上のサイズを購入しましょう。

逆に加圧シャツのサイズが大きすぎると着圧は弱くなり、加圧効果は薄くなってしまうので注意してください。

伸ばすと傷んで効果がなくなる恐れがある

加圧シャツの着圧が強すぎることによりめまいや吐き気、痺れなどが起きる場合は、加圧シャツを伸ばすことも対策法になります。

しかし、加圧シャツを伸ばすということは加圧シャツの生地を傷めるということになります。

生地が傷むと伸縮性は低下し、破けてしまう恐れもあります。

また、加圧シャツの着圧が不安定になり、加圧効果を得ることができなくなる恐れもあります。

そのため、加圧シャツを伸ばすのはおすすめできません。

加圧シャツを伸ばしてダメにすると勿体ないので、合わない加圧シャツは誰かに譲り、新たに適切なサイズのものを購入すると良いでしょう。

体調不良時の着用で起こるめまいや吐き気の対策

次は、体調不良による加圧シャツの着用が原因で起こる、めまいや吐き気の対策を説明していきます。

体調が悪い状態での加圧シャツの着用が、めまいや吐き気の原因になることから、体調が悪いと感じた時は加圧シャツを着ないことが対策になります。

健康といわれている人でも体調を崩す時はあり、体調が悪いことに気づくことが大切です。

中には「多少体調が悪くても大丈夫」と思っている方もいますが、体調が悪い状態で加圧シャツを着るとめまいや吐き気だけでは済まなくなる可能性もあるので、体調不良時の着用はおすすめできません。

体調が悪い時は無理して着ない

加圧シャツのお腹を引き締める効果や、姿勢を良くする効果などを得るには続けることが必要であり、毎日長い時間着用することが大切になります。

勉強でもスポーツでも続けることが大切であり、続けることによって結果がでます。

そのため、加圧シャツも続けることが大切になりますが、体調が悪い時は無理して着ることはありません。

加圧シャツによって身体を壊しても仕様がないので、体調が悪い時は思い切って加圧シャツの着用を避けるようにしましょう。

気楽に加圧シャツを続けましょう

先程も言いましたが、加圧シャツの加圧効果を得るには続けることが大切です。

ですが、体調が悪い時に加圧シャツを着て、めまいや吐き気、痺れなどが起きては辛く感じてしまうし、健康に良くありません。

そのことにより、「着ると体調が悪くなるのでは?」という不安から加圧シャツを着なくなってしまうこともあります。

「ポッコリお腹を引っ込めたい」や「筋トレ効果を高めたい」などと思って加圧シャツを購入したのに、着なくなるともったいないです。

加圧シャツの効果を得るには続けることが大切ですが、無理して着用して続かなくなっては意味がないので、体調不良の時は着ないことが大切になります。

「体調が悪くても毎日着用しないと意味がない」などと自分にプレッシャーをかけると、そのプレッシャーが重みとなって加圧シャツの着用が嫌になる場合があります。

そして、加圧シャツを着なくなってしまうことがあるので、「毎日着なくてはいけない」などとプレッシャーをかけずに、気楽に加圧シャツを続けると良いでしょう。

まとめ

加圧シャツの着用でめまいや吐き気、痺れなどが起きる主な原因は、「強すぎる着圧」や「体調不良時の着用」になります。

そのため、自分に合ったサイズのものを選び、体調不良時に着用しないことが大切です。

加圧シャツの効果を得るには続けることが大切になるので、続けることが困難になるようなことは避けて、気楽に加圧シャツを続けると良いでしょう。







スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 加圧シャツ