加圧シャツ・コンプレッションウェアをより効果的に!

このサイトは加圧シャツ・コンプレッションウェアなどを中心に情報提供を行っています。

加圧シャツはどうやって洗う?注意したい4つのポイント

   

加圧シャツは、その圧力で姿勢を整えたり、体を引き締めたりする効果があり、多くの人から重宝されています。

ただし、加圧シャツを使うときは、洗い方に注意しなければなりません。

加圧シャツは、通常の衣服と違い、普通に洗ったのでは、その機能を弱めてしまうことがあるのです。

では、どのような洗い方をすれば劣化を防ぐことができるのか、詳しく説明していきましょう。

絶対おすすめ加圧シャツランキングはこちら

スポンサーリンク

洗濯機はよくない

加圧シャツの生地には、優れた耐久性があるため、洗濯機を使って簡単に洗うことができます。

そのため、他の衣類と一緒に、普通に洗濯機で洗う人もいますが、その方法にはリスクもあるのです。

洗濯機で洗うと、いくら耐久性が高いとはいえ、受けるダメージは大きくなってしまいます。

それが何度も繰り返されると、意外に早く使えなくなってしまうこともあるのです。

これは、洗濯機の中で他の衣類と絡まったり、摩擦が起きたりすることが問題になります。

加圧シャツが使えなくなる原因には、型崩れがありますが、他の衣類との接触によるダメージは、型崩れの大きな原因になってしまうのです。

したがって、加圧シャツを洗うなら、洗濯機を使うのはおすすめできません。

洗えないことはありませんが、そのリスクを考えれば、できるだけ避けるべきです。

ダメージを減らすには

洗濯機は避けた方がよいとはいえ、手洗いなどをするより、手間がかからず便利なことは確かです。

そのため、リスクを承知で洗濯機を使わなければならない場合もありますが、そのときは、ダメージを減らす工夫をしましょう。

まず、他の衣類との摩擦や絡まりを防ぐため、なるべく洗濯物の量を減らすことが大切です。

他の多くの洗濯物と一緒に洗えば、それらと接触することで、どうしてもダメージは大きくなってしまいます。

劣化が早まるリスクを少しでも軽減するには、少ない量で洗う必要があるのです。

そして、加圧シャツをそのまま洗濯機に入れないことも、重要なポイントになります。

他の衣類との余計な接触を避けるなら、必ず洗濯ネットに入れてから洗ってください。

洗濯ネットの保護があれば、加圧シャツが他の衣類と絡まったりすることはありません。

絶対おすすめ加圧シャツランキングはこちら

スポンサーリンク

手洗いをしよう

加圧シャツにダメージを与えない洗い方としては、手洗いが最もおすすめの方法になります。

手洗いであれば、基本的に単体で洗うことになるため、洗濯機に入れたときのような、他の衣類との接触によるダメージはありません。

さらに、力の加減も自分次第であり、加圧シャツを優しく丁寧に洗うためには、最適の方法なのです。

ただし、たとえ手洗いでも、どんな洗い方をしてもよいわけではないので、注意点はしっかり押さえておきましょう。

まず、お湯を使うなら、あまり熱くしないようにしてください。

水であれば特に問題はありませんが、寒い時期などは、お湯を使いたくなることもあります。

その際、あまり熱いお湯だと、生地に負担がかかってしまうのです。

したがって、お湯を使うときは、30℃を目安に温めるようにしましょう。

それくらいの温度なら、大きなダメージはありません。

また、使う洗剤は、手近なものを適当に入れるのではなく、おしゃれ着用のものを用意してください。

なるべく衣服へのダメージが少ないものを使えば、劣化を防ぐことができます。

頑固な汚れにはつけ置き

手洗いをするとき、強い臭いや黄ばみなどは、なかなか落とすことができない場合があります。

そんなときは、ゴシゴシと強く擦ってしまいたくなりますが、それでは、洗濯機で他の衣類に擦れるのと変わりません。

それどころか、洗濯機の場合よりも強い力が加わり、さらに劣化が進んでしまう可能性もあるのです。

なるべくダメージを与えずに頑固な汚れを落とすには、力任せに洗うのではなく、汚れが落ちやすくなる工夫が必要になります。

そこでおすすめなのが、つけ置きです。

もし落としにくい汚れがあった場合は、いきなり洗うのではなく、最初につけ置きしてから洗うようにしましょう。

洗剤を溶かした水にしばらく浸しておけば、普通に洗って落ちない汚れでも、すんなり落とすことができます。

漂白剤は使わない

加圧シャツの汚れをしっかり落としたい場合、漂白剤の使用を考えてしまうこともありますが、それはおすすめできない方法になります。

なぜなら、漂白剤は、あまりに刺激が強すぎるため、生地への負担が大きくなってしまうからです。

そんな洗い方を続けていれば、どうしても劣化は早くなってしまいます。

線維がダメージを受けることで、加圧シャツの伸縮性が低下し、本来の効果を発揮できないこともあるのです。

そんな漂白剤の中でも、塩素系の商品は特に刺激が強く、加圧シャツを長持ちさせるためには向いていません。

汚れを落とすなら、漂白剤は使わず、おしゃれ着用の洗剤でつけ置きするなど、なるべくダメージが少なくなる方法を心がけましょう。

黒いものなら汚れは目立たない

漂白剤は劣化が早まるといっても、白い加圧シャツの場合、長く使っていれば、黄ばみが気になることも多いものです。

あまりひどい場合は、「少しくらいなら」という油断が生まれてしまい、あとから後悔することもあります。

それを避けるためには、最初から黄ばみが目立たない商品を購入することも、有効な方法です。

加圧シャツは、黒い商品も多く出ているので、黄ばみを気にせず使うなら、そちらを選んでおきましょう。

黒い加圧シャツなら、黄ばみが原因で使えなくなる心配はありません。

脱水と干し方にも注意

加圧シャツを劣化させないためには、洗ったあとの作業にも注意しなければなりません。

洗い方に気をつけていたとしても、脱水や干し方が適切でなければ、余計なダメージが加わることになります。

まず、脱水するときは、絞りすぎに注意してください。

軽く絞るくらいなら大丈夫ですが、雑巾のようにギリギリ引き絞ったりすると、他の洗濯物が絡まる以上の大きな負担がかかります。

あまり強く絞るのは避けて、余分な水は、タオルなどを使って吸い取るようにしましょう。

加圧シャツをバスタオルなどに挟んで押すと、うまく水分を吸収することができます。

多少手間はかかりますが、劣化させないためには、それくらい慎重に扱うようにしてください。

干すときは陰干しで

加圧シャツは、干す段階で劣化を早めてしまうことも多くあります。

そのため、加圧シャツの洗濯では、最後まで気を抜けないのです。

例えば、「日に当てた方が乾きやすい」という考えから、直射日光に長時間さらしてしまうことがありますが、その方法は色あせの原因になります。

また、少しでも早く乾かすため、乾燥機を使用したくなることもありますが、それでは縮みが心配です。

加圧シャツを干すために最も適した方法は、天日干しでも乾燥機でもなく、陰干しになります。

風通しのよい日陰を選んで干しておけば、余計なダメージが加わることはありません。

加圧シャツは、速乾性も高い商品なので、日光や乾燥機を使わなくても、十分に乾燥させることができるのです。

扇風機やエアコンの風でもしっかり乾くため、たとえ部屋干しでも問題はありません。

このように、洗うときだけでなく、最後の干し方まで気を配るようにすれば、加圧シャツの劣化は確実に抑えることができます。

まとめ

加圧シャツは便利な商品ですが、その効果をしっかり得るためには、適切な手入れをしながら、丁寧に扱うことが大切です。

そのためには、ここで紹介した注意点を意識して、なるべくダメージが少ない方法で洗濯するようにしましょう。

正しい洗い方を心がけていれば、加圧シャツの特徴である伸縮性が低下することもないため、常に高い効果を発揮してくれます。







スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 加圧シャツ