POWERIST

加圧シャツは効果なし?勘違いされやすい点と正しい効果

   

加圧Tシャツ 補正インナー 補正下着 加圧インナー 加圧下着 加圧Tシャツ 補正インナー 補正下着 スポーツインナー トレーニング お腹引き締め 脂肪燃焼

ダイエットや筋トレのサポートアイテムとして、すっかり人気が定着しているのが加圧シャツです。

公式サイトを見ると腹筋が割れている画像が載っていて、着るだけで簡単にお腹を引き締めて腹筋が割れる印象があります。

痩せたとかトレーニング効果が出やすくなったなどの良い口コミもありますが、中には効果なしという残念な口コミもあります。

本当に効果があるのか、効果が出ない原因は何なのかに迫ってみましょう。

絶対おすすめ加圧シャツランキングはこちら

スポンサーリンク

着るだけで腹筋が割るのは難しい

人それぞれ色んな目的で加圧シャツを着用しているでしょうが、公式サイトにあるモデルのような腹筋の割れたカッコいいボディに憧れているはずです。

ずっと着用していれば自分もあんなボディになれると期待しているはずですが、そう簡単にはいきません。

筋肉は鍛えないと大きく硬くなったりはしませんから、やはりトレーニングなどは必要です。

筋肉に刺激を与えたり使われやすくしたりする作用はありますが、着るだけでシックスパックになるのはかなり難しいです。

元々運動習慣がある人やトレーニングしている人が加圧シャツを着れば、スムーズに腹筋を割ることができます。

運動していない普通の人は筋肉が鍛えられていませんから、着るだけで腹筋が割れることはまずありません。

簡単なトレーニングでもいいので、プラスしてあげればカッコいいシックスパックを手に入れられます。

絶対おすすめ加圧シャツランキングはこちら

スポンサーリンク

加圧トレーニングと同じ効果は得られない

加圧トレーニングはプロの指導の元で、足首や手首などに専用のベルトを付けて血流を制限し、トレーニングを行う方法です。

体への負荷が高くなりますから普通にトレーニングするよりも、高い効果に期待できます。

確かに加圧シャツも体を締め付けて体に圧はかかりますが、加圧トレーニングとは全くの別物です。

血流が阻害されるほどの圧はかかりませんし、体への負荷は加圧トレーニングと比べると微々たるものです。

加圧トレーニングはプロの指導を受けながら、しっかりと筋肉に働きかけるようなトレーニングも一緒に行います。

適度な圧をかけて体を締め付けているシャツとは大きく違っていますから、当然効果も同じようには出てくれません。

本当の加圧シャツの効果

着るだけで筋肉ムキムキになったりはしませんが、加圧シャツには優れた効果がたくさんあります。

普段の生活に支障なく体を引き締めたりなど、本当の効果について紹介しましょう。

基礎代謝を高めて痩せやすくする

人間工学に基づいて作られていますから、体のあらゆる部分に適度な圧がかかるようになっています。

そのおかげで血流が良くなり、代謝を高めてくれます。

食べる量や活動量がいつもと同じでも基礎代謝が上がってきますから、普段よりカロリーを減らすことができます。

食べても太りにくい体になれますし、脂肪が燃焼しやすく痩せやすい体へと変化してきます。

常に正しい姿勢をキープできる

体を引き締めるだけでなく背中をしっかり伸ばすなど、本来取るべき正しい姿勢をキープしてくれます。

つい猫背になったり体の癖でゆがみがあったりしても、姿勢を矯正してくれてすっきりと見せる効果があります。

腹筋や背筋が正しく使えるようになりますから、インナーマッスルがしっかりして体幹が鍛えられます。

胸を張って背筋がピンと伸びた正しい姿勢でいることで、堂々とした印象を与えられます。

デスクワークでいつも猫背気味だという人にはおすすめで、仕事をしながら姿勢を矯正できます。

締め付けによるダイエットサポート効果

お腹周りに脂肪は付きやすいですから、この辺りの締め付け力は高くなっています。

補正下着のように体を締め付けることでスリムに見えて、体をすっきりと見せてくれます。

胃腸が締め付けられることで食欲が多少落ちますから、いつもより食事量もやや少なめでも十分満足できます。

特に食事制限をしていないのに空腹にならずに摂取カロリーが落とせて、ダイエットのサポート効果が得られます。

効果を発揮する正しい着用方法

間違った着用方法だと効果も半減してしまいますから、正しい着用方法を知っておきましょう。

長期間毎日着てこそ効果あり

1週間や1ヶ月程度着ているだけでは、やはりダイエットなどの効果は出てくれません。

体にゆっくりと圧をかけて整えて徐々に効果が発揮されますから、ある程度の期間が必要です。

個人差はありますが、少なくとも3ヶ月くらいは続けることが肝心です。

1日の着用時間も関係していて、長い時間着ているほど体への負荷も高くなります。

なるべく日中は着用するよう心がけて、毎日着るようにしましょう。

夜はきちんと体を休ませる

加圧シャツの中には24時間着用OKのものもありますが、やはり脱いで寝た方が効果は高くなります。

体が締め付けられたままでは寝ている時も十分に疲れなどが取れず、日中のシャツの効果も半減してしまいます。

寝る前に脱いで睡眠中は体を回復させることに専念し、体を休息させるのがおすすめです。

起きている間は着用してなるべく体を動かすように心がけて、生活にメリハリをつけると効果も出やすくなります。

シャツの品質にこだわる

量販店などでも加圧インナーやシャツなどが販売されていて値段も手頃です。

通販の専用シャツと比べると値段が安い分効果もそれなりです。

早めに望んでる効果を出すためには、シャツの品質にもこだわりましょう。

きちんと設計されていて、体の各部位に適切な圧をかけられるスパンデックス繊維の配合量が、多めのものを選ぶのがコツです。

量販店などでは見つけるのが難しいですから、ネット通販を上手に活用すれば見つかりやすいです。

運動と併用してこそマッチョボディに近づく

筋肉は鍛えてこそ大きく成長してくれて、腹筋の割れたマッチョボディになれます。

憧れのボディに近づくためにも、加圧シャツを着たまま運動するのが最適です。

有酸素運動で脂肪を減らす

脂肪がたくさん体に付いたままトレーニングしても、なかなか筋肉は大きくなってくれません。

きちんと脂肪を燃焼させて体を引き締めてこそ、トレーニングの効果が出てくれます。

脂肪燃焼効果が高いのがウォーキングやランニングなどの有酸素運動です。

締め付け効果のある加圧シャツを着たまま行えば効果倍増で、筋トレしたい人、ダイエットして体を引き締めたい人の両方に向いています。

簡単な自重トレーニングをプラス

わざわざジムに通わなくても、自分で簡単に行える自重トレーニングでも効果があります。

腕立て伏せや腹筋など部屋でもできる運動をするだけで、しっかりと筋肉を鍛えていけます。

適度な圧がかかった加圧シャツを着た状態でトレーニングしてあげると、体への負荷を増やすことができます。

部屋の中でもできますから隙間時間を見つけて、シャツを着て自重トレーニングを実践しましょう。

食事内容を見直す

筋肉を増やしてマッチョな体になるには、やはり食事も無視できません。

コンビニ弁当やジャンクフードばかりでは栄養が偏ってしまいますから、体の機能が低下したり体内バランスが崩れやすくなったりします。

シャツやトレーニングの効果も出にくくなりますから、食事内容を見直して栄養バランスを整えて、筋肉を育てるたんぱく質をしっかり取るようにしましょう。

まとめ

加圧シャツは着るだけで腹筋が割れたり、加圧トレーニングと同じ効果が得られたりするわけではありません。

姿勢を矯正したりダイエットサポート効果があったりするなど、本当の効果を知っておきましょう。

正しく着用して運動などをプラスすることで、憧れのマッチョボディも夢ではなくなります。

効果がないのではなく効果が出やすいようにサポートしてくれるアイテムで、活用方法次第で希望のボディになることができます。









免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 加圧シャツ