POWERIST

加圧シャツSASUKEはほかの加圧シャツを比べてどう?

   

加圧シャツと一口にいっても、実際にはいろいろなものがあります。

その中の一つに、SASUKEという製品があります。

このSASUKEは、ほかの加圧シャツと比べてどう違うのでしょうか?

ほかのものよりも良いのか、それともほかのもののほうが良いのか。

ここではそんな風にSASUKEとほかの加圧シャツの違いについてみていきたいと思います。

絶対おすすめ加圧シャツランキングはこちら

スポンサーリンク

SASUKEは比較的に薄めの素材感

SASUKEとほかの加圧シャツを比べて時にまず一番最初に挙げられる違いは、厚みです。

SASUKEは、ほかの加圧シャツと比べると薄めの素材感になっています。

もちろんだからといって、安っぽい薄出感ではなく、着用感には特別問題はないでしょう。

しかし、こうして薄いことにより一つ問題が生じてきます。

一枚で着るのは難しい

それが、透けてしまうことがあるということです。

透けてしまうわけなのですから、それ一枚をTシャツのように着てそれで出かけるというのはやや難しくなります。

もちろん絶対に無理とは言いません。

しかし、かなり変な感じになる可能性は高いです。

だからおすすめはしません。

黒ならばあまり透けない

特に問題があるのは白です。

白は、そもそも厚みがある素材のものでも透けてしまうことがある色味です。

それなのにSASUSKEは薄く、しかも加圧シャツなのですごくぴったりしています。

だから、透けてしまう要因は十分にそろっているのです。

でも、黒であればそれは多少カバーできます。

なので、一枚で着たいのであれば、必然的に黒を選ぶ必要がでてきます。

ただ黒でも人によっては透けることがありますし、やはりそもそも1枚で着るということ自体おすすめはできませんが。

絶対おすすめ加圧シャツランキングはこちら

スポンサーリンク

サイズ感も小さめになっている

SASUKEは、基本的なサイズ感も小さめに作られています。

小さめに作られているというのは、加圧シャツとしてはよいことではあるでしょう。

加圧シャツというのは、何わなくとも締め付けてなんぼな商品です。

しっかりと締め付けることによって、体が動かしづらくなります。

そんな動かしづらい状態で体を動かしていくわけですから、運動効果が上がり、効果が出るというのがその仕組みなのです。

だから、締め付けが弱いものを着ていたら、別に加圧シャツを着る意味がなくなるのです。

そしてその締め付けは、強ければ強いほどに体が動かしづらくなるのは当然です。

なので、SASUKEのように小さめに作られているというのは、一つのメリットなのです。

慣れない場合は長く着れない可能性もある

ただ強く締め付けるというのはもろ刃の剣ではあります。

つまり、強く締め付けて体を動かしづらいということは、長く着ていると疲れてしまう可能性があるということになります。

結果、長く着れない可能性も出てきます。

でも、加圧シャツにおいては、長く着るということはすごく大切なことなのです。

確かに締め付けて運動効果を上げるというのは効果的なことです。

でもそもそも、加圧シャツで上げることができる運動効果は、そこまで高いものではありません。

数字で見るならば、そもそも1だった運動効果を1.5とか2にするくらいのものなのです。

ということはつまり、それで効果を出していくためには、それを長い時間する必要があるということになります。

たとえ1.5や2でも、それを10時間続けていけば15とか20にもなるでしょう。

加圧シャツで痩せたり体を作ったりするときには、そうして行っていくのです。

だから、長い時間着ることができなくなったら、それは問題です。

ただもちろん、多くの場合で強い締め付けにもそのうち慣れますが。

細身の人にもぴったり

サイズ感が小さいということには、一つの利点があります。

それが、細身の人にもピッタリだということです。

細身の人は場合によっては、加圧シャツを着てもそこまで締め付けられないことがあります。

でも先述の通り、しっかりと締め付けてくれないと困るものなのです。

だから、細身の人は加圧シャツ選びで困ることもあったでしょう。

しかし、SASUKEであれば、細身の人でも問題なく体を締め付けてもらえる可能性が高いです。

なので特に細身の人におすすめできる加圧シャツになっています。

価格が安いのも特徴

またSASUKEには、価格が安いといううれしい特徴もあります。

一般的に加圧シャツは、4000円とか5000円とかするものが多いです。

しかしSASUKEの場合には、3000円程度で買うことができるのです。

もちろん加圧シャツにもピンキリありますから、すごく安く1000円とかそれくらいで買うことができるものもあるかもしれません。

でも、しっかりと機能的にしているうえにこれだけの値段で買える加圧シャツはそうそうないでしょう。

それも一つのSASUKEの特徴になるのです。

安いに越したことはない

加圧シャツは先述の通り、ある程度長く着ていないとならないものになります。

ある程度長く着ているということは当然ながら、その分だけ破れたりよれよれになったり、あるいは伸びたりしやすくなるということです。

ということはつまり、比較的に頻繁に買い替えないとならなくなる可能性もあるということです。

それならば、値段は安いに越したことはない。

確かに、1000円程度の差かもしれません。

でも、年間で4着加圧シャツを買うとします。

そうしたら4000円の差になる。

つまり1着分の差がついてしまうのです。

なのでそのくらいの差でも安いに越したことはないのです。

何着も持っているべきもの

また加圧シャツは、そもそも最初から数着持っているべきものでもあります。

なぜなら、毎日着ていたほうが良いからです。

もちろん筋肉を成長させるためには、筋肉を休ませることも大切です。

でも、加圧シャツでの負荷くらいであれば、むしろ毎日与えたほうが良いこともあるのです。

毎日負荷を与えるということは毎日着るということ。

毎日着るには当然最低でも2着は必要です。

そういうことから考えても、安いに越したことはないのです。

丈がやや短めなのもポイント

SASUKEは、丈がやや短いというポイントがあります。

加圧シャツには、比較的に丈が長めなものもあります。

でも、SASUKEの丈は加圧シャツの中でも短めです。

だから、丈が長めなものが好きな方には合っていない可能性もあります。

逆に、だらだら長くないものが良い方にはピッタリです。

そしてやはり、丈が長くないことで細身の人にピッタリになります。

たとえばおなかが出ていたりすると、そこで生地が引っ張られてしまって、その分丈が短くなっていきます。

でも細身の人であればそうなることはありません。

ただただそのままその加圧シャツの丈で加圧シャツを着ることができるのです。

そういう点でも細身の人にはピッタリなのです。

丈が短すぎると、やはり着ていて違和感になることのほうが多いですから。

着ているところしか締め付けられないということを考えても、丈はある程度は長いほうが良いことは間違いないでしょう。

まとめ

加圧シャツSASUKEには、意外といろいろな個性がありますが、基本的には細身のひとに合っているというのが一番のポイントになるでしょう。

つまり、ダイエット用に着るというよりは、体つくりのために着るというタイプの加圧シャツだということです。

なのでそういう目的で加圧シャツを探している方には、すごくおすすめできます。









免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 加圧シャツ