加圧シャツ・コンプレッションウェアをより効果的に!

このサイトは加圧シャツ・コンプレッションウェアなどを中心に情報提供を行っています。

姿勢が悪いと痩せないって本当?加圧シャツで姿勢をサポートすることのメリット

   

LeoSport 加圧インナー メンズ 長袖 脂肪燃焼 補正下着 猫背矯正 姿勢矯正 着圧 コンプレッションウェア 加圧シャツ (ブラック, L)

パソコンやスマートフォンの長時間の操作は、姿勢が悪くなる原因となります。

女性の中にはコツコツとダイエットを継続しているのに、なかなか痩せないという方がいますが、それは姿勢の悪さが原因かもしれません。

ダイエットや筋トレをしている方に人気の加圧シャツはいくつかの働きを持っていますが、実は姿勢をサポートする働きを備えています。

ここでは、加圧シャツで姿勢をサポートすることのメリットをご紹介したいと思います。

絶対おすすめ加圧シャツランキングはこちら

スポンサーリンク

加圧シャツの働きの基本を把握しましょう

身体に適度に圧を加える働き

加圧シャツは身体にぴったりと密着する特徴がありますが、これは加圧シャツには競泳用水着の素材として知られる伸縮素材スパンデックスが使用されているからです。

加圧シャツを着ていると身体は常に適度な圧を加えられる状態となりますが、身体は外部から圧力を加えられるとそれに反発しようとする働きを持つので、使われていない筋肉が自然と使われるようになります。

まったく身体を動かせないのでは意味がありませんが、身体に適度に圧を加えながら筋トレをしたり運動をするのは、圧をかけずに運動するよりも筋肉により働きかけることができます。

着用時に引き締まった身体に見せる働き

加圧シャツは着用後にぴったりと身体に密着して、シルエットを整えてくれる働きを期待できます。

引き締まった体型に見せたい時に最適なアイテムで、加圧シャツを着用した上で洋服を着れば綺麗に着こなすことができます。

体型を綺麗に見せる働きが期待できるアイテムとして矯正下着も人気がありますが、着用に慣れるまで時間が掛かることがあります。

その点、加圧シャツは通常のTシャツを着る時のように手軽に日常に取り入れることができるのでおすすめです。

食べ過ぎを予防したい人をサポートする働き

加圧シャツを着用すると上半身全体に適度な圧が加えられますが、中には腹部の部分により強く圧が加えられる形状のものがあります。

腹部に圧が加えられると食べ過ぎを予防する対策がとれるので、1回にとる食事の量が自然と適度な量に抑えられます。

すると、過度なカロリー摂取を控えることになるので食べ過ぎによる体重増加を抑える対策がとれるのです。

カロリー計算をしながらのダイエットは面倒くさがり屋な方は長続きしない傾向がありますが、加圧シャツを着用する対策方法は食べ過ぎ予防対策として手軽なので実践しやすい点が大きなメリットです。

姿勢をサポートする働き

加圧シャツは筋肉をつけたい方やダイエットをしたい方に人気があるアイテムですが、姿勢をサポートする働きを持っているので姿勢が悪いことを気にしている方にもおすすめです。

悪い姿勢が習慣化すると体型が綺麗に見えないばかりか、骨格の歪みから筋肉や内臓の位置が適切な位置からズレた状態になってしまいます。

姿勢矯正のコルセットなどもありますが、見た目のデザインが矯正器具だと分かりやすくスタイリッシュではありません。

しかし、加圧シャツならTシャツの形状でシンプルなデザインなので、スマートに姿勢をサポートすることができます。

絶対おすすめ加圧シャツランキングはこちら

スポンサーリンク

姿勢が悪いと太りやすくなるのはどうしてなのか

筋肉や血管が圧迫されて代謝が悪くなる

姿勢が悪くなると骨格が歪むことで、本来あるべき位置から筋肉や内臓の位置がズレてしまいます。

筋肉や内臓にはいくつもの血管が通っていますが、筋肉や内臓の位置がズレることによって血管が圧迫されて血行が悪くなることがあるのです。

血行が悪くなると代謝が悪くなるので、脂肪や老廃物などを分解したり身体の外に排出する働きが低下するため、余分なものを身体に溜め込みやすくなります。

食べる量を抑えるなど低カロリーの食事を心掛けていても、代謝が悪い状態ではカロリーが消費されにくくなるため太りやすくなるのです。

内蔵が下垂してお腹が出やすくなる

姿勢が悪いと内臓を支える筋肉の働きが低下して、内臓全体が下垂しやすくなります。

すると、お腹が出てしまうのでウエストが太くなり、太った印象を与えてしまうことがあります。

腹筋をしたり半身浴で代謝を良くする対策をとっていたとしても、ぽっこりしたお腹が気になる時には内臓が下垂しているのが原因なのかもしれません。

引き締まったウエストを目指すために運動をすることも大切ですが、まずは姿勢を正しく保ちながら本来の状態に身体全体を整えることが大切です。

満腹感を感じにくくなり食べ過ぎの原因となる

姿勢が悪い状態が習慣化すると内臓が下がった位置にあることが通常の状態になってしまい、食べても満腹感を感じにくくなることがあります。

必然的に食べる量が多くなり食べ過ぎの原因になってしまうので、余分なカロリーを摂取することになります。

通常よりも満足感を得にくい状態では、食事の量を抑えるダイエットを実践するとますます空腹感を感じるようになってしまいダイエットが長続きしにくいのです。

空腹感を我慢できずに、いきなり食事の量を増やすとリバウンドしてもとの体重よりも増えてしまうことがあるので注意が必要です。

加圧シャツで姿勢をサポートすることのメリット

背筋が伸びて綺麗な体型に見える

加圧シャツは体型を整えて見せる独自の形状をしていることから着用時に自然と背筋が伸びます。

姿勢矯正器具よりもソフトな使い心地で無理なく毎日着用できるので、できれば自然に姿勢をサポートしたいと思っている方におすすめです。

背筋が伸びているとそれだけでも綺麗な体型に見えますが、姿勢を正すことで筋肉や内臓の位置を本来の位置に保つための対策がとれるのでおすすめです。

食べ過ぎの予防対策がとれる

加圧シャツの中でも腹部により圧をかける形状になっているものを選ぶことで、食べ過ぎ予防対策がとれます。

圧をかけると言っても、加圧シャツそのものは柔らかい素材なので無理な圧迫感はなく、自然な気心地で毎日の中で着用を継続しやすいのです。

頭でコントロールして食べる量を抑えるのは長続きしにくいですが、適度な圧による食べ過ぎ予防対策は継続しやすいでしょう。

正しい姿勢を習慣化することで血行がサポートされる

加圧シャツを継続して着用することは正しい姿勢を習慣化したい時に役立ちます。

正しい姿勢が習慣化すると、筋肉が本来の位置の状態を保ちやすくなるため周囲の血管も圧迫されにくくなります。

すると、血行がサポートされて肩こりや首のコリなどを予防する対策がとれます。

また、血行がサポートされると代謝もサポートされるので、脂肪や老廃物など余分なものが身体に蓄積されにくくなります。

姿勢をサポートしたい時の加圧シャツの選び方

Tシャツタイプのものを選ぶ

様々なデザインの加圧シャツがありますが、姿勢をサポートしたい時には肩や背筋の部分に働きかける形状のものを選ぶことが大切です。

Tシャツタイプの加圧シャツは定番の形で姿勢をサポートするのに最適な形状です。

中にはタンクトップタイプやキャミソールタイプデザインの加圧シャツもありますが、肩の部分に働きかけることができません。

肩から背中全体に働きかけ、着用時に自然と背筋が伸びるような形状のものを選ぶことをおすすめします。

自分にとってジャストサイズのものを選ぶ

加圧シャツは適度な圧をかけることで身体に働きかけるアイテムであることから、自分の身体のサイズより大きめのものを選んでしまうと圧する働きや、姿勢をサポートする働きが期待できません。

自分にとってジャストサイズの加圧シャツを選んで正しい姿勢を目指しましょう。

まとめ

加圧シャツには姿勢をサポートする意外な働きを期待することができます。

理想的な体型を目指して筋トレやダイエットを実践している方がいますが、姿勢が悪い状態ではせっかくの活動も効率が悪くなってしまいます。

加圧シャツは毎日の中で着用しやすく手軽に洗濯できて清潔に保ちやすいので、自分の体型に合った加圧シャツを選んで、毎日の中で姿勢をサポートしてみましょう。







スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 加圧シャツ