加圧シャツ・コンプレッションウェアをより効果的に!

このサイトは加圧シャツ・コンプレッションウェアなどを中心に情報提供を行っています。

寝る時も着ていいの?睡眠時に加圧シャツを着るメリットとデメリット

   

加圧シャツ スパルタックス 補正下着 スポーツ 加圧インナー 加圧式 Tシャツ 筋トレ tシャツ 加圧下着 加圧 メンズ (S, ホワイト)

着ているだけでウエストを引き締める効果や、姿勢を良くする効果などが期待できる「加圧シャツ」は、現在注目されています。

苦しむことが嫌いで、なるべく楽をしたい人が多いことから、手軽に加圧効果を得ることができる加圧シャツが注目されている訳ですが、加圧シャツの購入を考えている方の中には、「寝る時も加圧シャツを着てても良いの?」と思う方もいることでしょう。

そこで、ここでは、「寝る時に加圧シャツを着ても問題ないのか」や、「寝る時に加圧シャツを着るメリットやデメリット」などを解説していきます。

絶対おすすめ加圧シャツランキングはこちら

スポンサーリンク

寝る時に加圧シャツを着ても大丈夫

結論からいうと、加圧シャツは寝る時に着ても問題ありません。

ほとんどの加圧シャツは、「24時間トレーニング」や「24時間着用可能」と謳っており、「睡眠時に着ていても大丈夫」という意味も込められています。

そのため、仕事をしている時も、自宅でゆっくりくつろいでいる時も、食事をしている時も、寝る時も、1日中着用することができます。

睡眠時に加圧シャツの着用を避けていた方や、加圧シャツを購入した方は、寝る時に加圧シャツを着てみましょう。

ですが、加圧シャツには様々な種類があり、種類によって着圧の強さが異なります。

そして、人それぞれ感じ方が違うように、人それぞれ圧力の感じ方は違ってきます。

要するに、加圧シャツのキツさが気になる方は、睡眠の妨げになる場合があるので、加圧シャツによって寝つきが悪くなる方は着ない方が良いでしょう。

それでは、寝る時に加圧シャツを着るメリットを解説していきます。

絶対おすすめ加圧シャツランキングはこちら

スポンサーリンク

寝る時に加圧シャツを着るメリットとは

加圧シャツは着ているだけでトレーニング効果を期待することができます。

つまり、眠っている時でも加圧シャツを着ていれば、睡眠時もトレーニング効果を得ることが可能になります。

睡眠時も、身体に圧力が加わり続けるので、筋肉に刺激を与え続けることができます。

筋肉に刺激を与え続ければ、それだけ筋肉を鍛えることが可能になります。

多くの加圧シャツは吸水速乾性に優れている

人間は一晩の睡眠でコップ1杯くらい汗をかくといわれており、子供はもっと汗をかくといわれています。

子供は代謝が良いので、大人よりも汗をかく訳ですが、睡眠中汗をたくさんかくことにより寝巻きが汗で濡れてしまいます。

速乾吸水性の悪い寝巻きだと、汗をかいた時に気持ち悪く感じてしまいますが、給水速乾性に優れた加圧シャツなら、汗をすぐに吸収して、すぐに乾燥することに優れているので、汗をかいても快適に眠ることが可能になります。

また、吸水速乾性の悪い寝巻きだと、汗をかいた時に身体が冷えてしまい、風邪を引いてしまう恐れがありますが、吸水速乾性に優れた加圧シャツなら、汗を乾かす機能が優れているので、身体が冷えすぎてしまうことを抑えることが可能になります。

吸水速乾性に優れた衣服を寝る時に着るということは、健康を維持するには大切なことです。

しかし、加圧シャツを着ていると汗をかきやすくなるので、通常よりも汗が出てしまう場合があります。

ですが、加圧シャツの優れた吸水速乾性によって、汗が多く出てしまうデメリットをカバーすることが可能になります。

汗をかきやすいことから、清潔を維持するために、朝起きたら着替えることをおすすめします。

加圧シャツを24時間1日中着るのなら、4~6枚くらい加圧シャツを用意しておくと良いでしょう。

暑い時期は、加圧シャツによって更に暑く感じる場合があるので、加圧シャツで暑く感じることにより眠りにくいという方は、比較的寒い時期に着ると良いです。

ムキムキにはならないがダイエット効果は期待できる

加圧シャツは、基本筋力を強くすることをサポートしたり、ダイエットをサポートしたりするものなので、加圧シャツを着ているだけで筋肉が隆々になる効果は期待できません。

トレーニング時や、普段の生活に着ることで、筋力を強くする効果やダイエット効果を更に高めてくれる物になります。

ですが、人間は睡眠中、身体の修復や成長などで多くのエネルギーを使用して、汗もたくさんかきます。

ですから、眠る時に加圧シャツを着ることによって、睡眠時のエネルギー使用や汗をかくことなどを促進する効果が期待でき、ダイエット効果を期待することができます。

人によっては寝つきが悪くなるというデメリット

加圧シャツを着ると身体に圧力が加わるので、身体が引き締めることが可能です。

その圧力で、人によっては睡眠の質が低下してしまう場合があります。

寝つきを良くするには、リラックスして副交感神経を優位にすることが大切ですが、加圧シャツの加圧によって交感神経が刺激され、リラックスすることが難しくなる場合があります。

眠る時にリラックスできないと、当然寝つきは悪くなるので、寝る時に加圧シャツを着ると眠りにくいという方もいます。

睡眠の質が悪いと健康を害する

睡眠の質が悪いと、健康を害する恐れがあります。

疲れが取れなく、朝起きた時に倦怠感を感じたり、眠れないことでストレスが蓄積されたりしてしまいます。

そのため、睡眠の質の低下は、肉体的にも精神的にも悪影響を及ぼします。

そして、そのことはトレーニングやダイエットにも良くありません。

睡眠の質の低下により、疲労やストレスが溜まると、トレーニングやダイエットをする意欲がなくなってしまいます。

また、トレーニングやダイエットが通常よりも辛く感じてしまうことでしょう。

そうなったら、トレーニングはサボりたくなり、ダイエットも止めたくなります。

24時間加圧シャツを着る時の注意点

活動している時も、眠る時も、24時間加圧シャツを着る場合は、身体の締め付けが強すぎないものを選ぶことが大切です。

ですが、着圧が弱すぎると加圧シャツの効果が低下してしまう恐れがあるので、活動している時はある程度圧力がかかる加圧シャツを着ると良いでしょう。

そして、眠る時は、睡眠を妨げないくらいの着圧がある加圧シャツを着ると良いです。

健康的に毎日過ごすには睡眠をしっかりとることが大切なので、睡眠を邪魔しない加圧シャツを着ることが大切です。

加圧シャツの影響で寝つきが悪い場合は着ないこと

快適な生活を送るには、質の良い睡眠をしっかりとることが必要です。

前述した通り、睡眠の質の低下は健康を害してしまいます。

そして、筋肉をつけるために筋肉トレーニングなどの運動をしている場合も、しっかり休養をとることが大切になります。

そのため、加圧シャツの影響で寝つきが悪くなる場合は、無理して加圧シャツを着ることはありません。

無理して加圧シャツを着て健康を害したら本末転倒になるので、加圧シャツで睡眠の質が低下する方は、寝る時だけ加圧シャツを脱ぐことをおすすめします。

どうしても加圧シャツを寝る時に着たい方は、無理しないで着ることのできる加圧シャツを見るけることです。

洗濯する際はネットを利用しましょう

多くの加圧シャツは、強い素材の特殊な生地で作られています。

ですが、そのまま洗濯機に入れ、普通に他の物と洗濯することで、少なからず加圧シャツにダメージを与えてしまいます。

それが繰り返されると加圧シャツがダメになってしまうので、長く着たいのなら他の衣服などと一緒に洗わない方が良いでしょう。

ですが、それでは水道代や電気代などが勿体ないです。

そこでおすすめな物が、洗濯用ネットです。

洗濯用ネットに加圧シャツを入れて洗濯すれば、洗濯によって加圧シャツに与えるダメージを減らすことが可能になります。

手洗いも加圧シャツに与えるダメージは少ないので、面倒でなければ手洗いでも良いです。

まとめ

多くの加圧シャツは24時間着用できると謳っているので、寝る時に加圧シャツを着ても問題ありません。

ですが、加圧シャツの着圧により、睡眠を妨げられてしまう場合があります。

そのような場合は、無理して着ることはありません。

質の良い睡眠をとることは、健康的に生きる上で必要なことなので、睡眠に影響する場合は寝る時だけ加圧シャツを着ないようにしましょう。







スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 加圧シャツ