POWERIST

着ると痒い!加圧シャツを着て痒みが起きる原因や対処法

   

加圧シャツを着用していると、肌に痒みが出てしまう可能性が少なからずあります。

痒みは主に加圧シャツの締め付けや汗によって起きてしまいます。

痒みが起きて肌をかいてしまうと肌を傷つけてしまい、肌トラブルの原因になります。

そこで、ここでは、加圧シャツによる痒みに対する対策などを解説していきます。

加圧シャツで痒みが起きることが多い方は、ぜひご覧ください。

絶対おすすめ加圧シャツランキングはこちら

スポンサーリンク

乾燥肌の原因になっていることを改善すること

肌が乾燥していると肌の痒みが起きやすくなり、加圧シャツを着ると更に痒みは起きやすくなります。

そのため、肌の乾燥を防ぐことが大切になりますが、肌の乾燥は、間違った肌の手入れ・食生活・生活習慣などが原因になります。

洗顔料を使って何度も洗顔をする方がいますが、洗顔のしすぎは皮膚に必要な皮脂を落としてしまい、乾燥肌に繋がることがあります。

また、ゴシゴシと力を入れて洗うことも良くありません。

食生活の面では、皮膚のバリア機能を正常に維持し、肌の乾燥を防ぐには色々な栄養素が必要であり、ダイエットなどで過剰な食事制限や偏った食生活をしていると肌が乾燥しやすくなります。

そして、生活習慣の面では、睡眠不足・乾燥した環境・ストレスなどは乾燥肌になる原因になるので注意が必要です。

以上のように、肌の乾燥は様々なことが原因になるので、乾燥肌になっている原因を改善することが大切になります。

また、保湿力のあるクリームなどで肌を保湿することも乾燥肌の予防や改善になります。

肌の乾燥を予防、改善することによって、加圧シャツでの痒みを防ぎやすくなります。

絶対おすすめ加圧シャツランキングはこちら

スポンサーリンク

肌の乾燥を防ぐ日常生活でのポイント

前述した通り、肌が乾燥している状態で加圧シャツを着ると、痒みが起きやすくなります。

そのため、先程説明したように、肌が乾燥する原因を改善することが大切になります。

それでは、次は、乾燥肌の対処法を詳しく説明していきます。

空気が乾燥している時は部屋を加湿する

冬は空気が乾燥しやすく、肌が乾燥しやすくなります。

そのため、部屋が乾燥している時は加湿することをおすすめします。

部屋を加湿することにより湿度を上げることができ、肌の乾燥を防ぎやすくなります。

定期的に休息する

休息を取らずに仕事や家事をし続けると、疲れやストレスは溜まってしまいます。

その疲れやストレスが乾燥肌の原因になる場合があるので、仕事や家事を数時間行ったら、ある程度休息することが大切です。

仕事などの合間に休息を取ることにより、疲れやストレスは溜まりにくくなります。

そして、仕事が休みの日は仕事のことを考えず、趣味などで気分転換し、肉体的にも精神的にもしっかり休んで、溜まったストレスを上手に解消すると良いでしょう。

肌に良い食生活を送る

肌が乾燥している時は、ビタミンやタンパク質、ミネラルや必須脂肪酸などバランス良く摂ることが大切です。

その中の必須脂肪酸は、身体を構成するのに必要な成分で、必須脂肪酸が不足すると肌は乾燥しやすくなります。

必須脂肪酸は、イワシやサバなど青魚にたくさん含まれています。

そして、カロテンやビタミン類を摂ることも乾燥肌対策になるので、緑黄色野菜や果物などから摂ると良いでしょう。

身体は優しく洗う

お風呂では、肌に優しく肌に潤いを与えるタイプのボディーソープを使いましょう。

そして洗う時は、ボディーソープをしっかり泡立てて、手で洗うと良いです。

スポンジなどを使う時は、肌にあまり刺激を与えない柔らかいものを使用しましょう。

ゴシゴシと力を入れて洗うのではなく、優しくなでるように洗うことが大切です。

そうすることで肌にダメージを与えにくくなり、乾燥肌が悪化するのを防ぐことが可能になります。

保湿効果のあるクリームなどを使う

肌の乾燥が酷い場合は、保湿効果のあるクリームなどで肌を保湿しましょう。

入浴では、皮脂が落ちたり、汗をかいたりして肌が乾燥しやすくなるので、お風呂上りに乳液やクリームなどで保湿することがポイントになります。

汗によって痒くなる場合がある

加圧シャツはピッタリとしており、身体を締め付けています。

その加圧により、汗をかきやすくなります。

汗をたくさんかいて、そのままにしておくと痒くなってしまう場合がありますが、そのことと加圧シャツで汗をかくことによる痒みは同じことになります。

そのため、一般的なタイツや、スポーツ用のタイツなどを穿いたことがある方の中には、痒くなったことがある方もいるかと思います。

また、乾燥しやすい寒い時期は、汗をかくと気化熱によって汗が蒸発し、肌が乾燥しやすくなります。

肌が乾燥すると皮膚が刺激に対して敏感になり、加圧シャツの着圧の刺激を受けることによって痒みが現れてしまうことがあります。

粗悪品には注意

加圧シャツの人気に伴って、加圧シャツの種類は増えています。

その中には、吸収速乾性や伸縮性が悪い粗悪品もあります。

そのような粗悪品は、肌の痒みに繋がる場合があるので、品質が悪い加圧シャツは選ばないようにしましょう。

インターネットでの口コミなどを参考にして、品質の良い加圧シャツを選ぶことをおすすめします。

今着ているサイズよりも一つ大きいサイズにする

加圧シャツを選ぶ時は、自分に適したサイズを選ぶことが大切で、小さめのサイズを選んでしまうと着圧が強くなります。

着圧が強すぎると、長い時間着用することができなくなったり、苦しく感じたり、無理に着ようとして生地がダメになってしまうこともあります。

また、寝る時の着用では、着圧が強すぎることによって睡眠を妨げられて健康を害してしまいます。

更に、肌に痒みが起きてしまうこともあります。

痒みが起きるのは、強すぎる着圧や擦れで刺激を受けてしまうからです。

サイズが小さいことにより肌に痒みが出てしまう場合は、現在使用しているサイズよりも一つ上のサイズを選ぶと良いでしょう。

逆にサイズが大きすぎると、身体を締め付ける力は弱くなり、加圧効果を得ることが難しくなるので注意しましょう。

長時間着たり汗をたくさんかいたりしたら着替える

多くの加圧シャツは24時間着用可能ですが、長時間同じ加圧シャツを着ていると、汗や皮脂により雑菌が増えてしまいます。

また、長時間着ていなくても、汗をたくさんかいてそのまま着ていることも雑菌を増やす原因になります。

そのような不衛生な加圧シャツを着ていると肌の痒みに繋がるため、同じ加圧シャツを長時間着たり、汗をたくさんかいたりした時は、予備の加圧シャツに着替えることをおすすめします。

着替えることにより清潔を維持することができ、肌の痒みを防ぎやすくなります。

これらのことから、加圧シャツは5、6枚持っていると良いでしょう。

5、6枚持っておくことにより清潔な状態を維持しやすくなり、加圧シャツの寿命を伸ばすことも可能になります。

加圧シャツの着用を一時中止する

加圧シャツを着るようになってから痒みやかぶれが現れるようになった場合は、長時間の着用を控えるか、着用を一時中止することをおすすめします。

それは、加圧シャツの圧力が長い時間かかり、皮膚に刺激を与え続けてしまうことで、痒みやかぶれが現れている可能性があるからです。

加圧シャツを着始めた時は、肌に異常が起きなかったのに、徐々に痒みやかぶれが現れる場合は、加圧シャツの締め付けが原因として考えることができるので、加圧シャツの着用を一時中止すると良いでしょう。

また、肌の痒みやかぶれが酷い場合は専門の医療機関で診てもらい、治療してもらうことも大切です。

まとめ

加圧シャツをせっかく購入しても、痒みで着れないと悲しくなります。

ですから、痒み対策をしっかり行うことが大切になります。

肌の乾燥を予防したり、自分の身体に合ったサイズを選んだり、汗をたくさんかいたら清潔な加圧シャツに着替えたりして痒み対策を行いましょう。

そして、ウエストを引き締めたり、筋肉トレーニングの効果を高めたりなど、加圧シャツを役立ててください。









免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 加圧シャツ