加圧シャツ・コンプレッションウェアをより効果的に!

このサイトは加圧シャツ・コンプレッションウェアなどを中心に情報提供を行っています。

筋トレにダイエットに大活躍の加圧シャツ、でも睡眠中の着用はあり?

   

トリプルエス 加圧インナー 加圧シャツ 筋トレ マッスルエックス 着るだけマッチョ 着圧下着 (M, 黒)

着ているだけで筋肉が、という謳い文句で有名なのが加圧シャツです。

さすがに着ているだけではいささか、筋肉作りは難しいのは事実です。

しかし日常の生活や軽い筋トレの時に着ていると、普通のインナーよりも動くのに圧がかかって体力を使用、その分痩せたり筋肉がつきやすかったりするのは事実です。

しかしこの加圧シャツ、寝ている時に着ても大丈夫なのでしょうか。

絶対おすすめ加圧シャツランキングはこちら

スポンサーリンク

加圧シャツってどんな物

ストレッチの強い布地を使用されて作られた、インナーが加圧シャツです。

ちょっと見には、これ果たして着られるの、というようなサイズに見えます。

通販などで最初に購入した時には、誰でもそう思うことでしょう。

上半身を締め付ける感じになるので、動くのにも普段より力が必要になります。

そのために、普通の行動をするだけで普段よりも多くのカロリー消費ができるのです。

また同じく、筋肉も普段よりも力を入れて動かすことになるので、筋トレにもなるということです。

加えて姿勢矯正機能がついている加圧シャツなら、猫背の予防や矯正にも役立ってくれます。

姿勢が良くなれば自然、代謝も上がりますので特にダイエットには最適ということになりますね。

絶対おすすめ加圧シャツランキングはこちら

スポンサーリンク

加圧シャツは危険だとも言われているけど

加圧シャツで上半身を締め付けるので、身体に良くないと言う意見も聞かれます。

実際、呼吸も苦しくなるほどに小さなサイズのものを、締め付けがきつい方が身体に効くだろうと着ていると、これは身体にいいとはお世辞にも言えません。

締め付けすぎて苦しくなって、腹式呼吸もできなくなっては、これは主客転倒です。

そのあたりをしっかり見極めて使用しないと、確かに身体に悪く感じることになります。

また一方で、加圧シャツと言うからには加圧ベルトと同じ、つまりは指導なしに使用するのは危険、と言う意見もあります。

この加圧ベルトと加圧シャツ、混同されることが多いのです。

ある意味理論的には似ているところもありますが、根本でこれらは違うものだと覚えておいてください。

加圧ベルトの場合、腕や脚の付け根にベルトを巻いて血流を制限し、短時間で運動の効果を出すという方法です。

血流に関する問題があるので、プロの指導が必要になります。

しかし加圧シャツの場合、上半身を適度に締め付けて負荷をかけているのですから、そこは大きく違います。

小さすぎるサイズのものを無理に着ているのでない限り、またきちんとした商品説明に従って使用している場合、まず問題はありません。

何時でも加圧シャツを着ている人も多い

普段着ていたインナーを加圧シャツに変えて、下着代わりに来ている人も昨今多くなりました。

実際加圧シャツの場合、厚さもないのでアウターに響くこともありません。

ワイシャツ1枚になっても、黒なら見えてしまいますが、色によっては普通のインナーと同じく外からは見えます。

社会人にとっては、これは助かりますね。

もともと日常生活で、日常生活の行動も運動にしてしまおうという目的ですので、これは正しい使い方です。

ただここでも、長時間の着用になるのですから、注意も必要です。

普段のインナーよりも運動量が増えて汗をかくのは当然ですので、着替えを用意しておくこともその1つです。

社会人にしては当然の気配りですね。

また長時間着用なので、あまりきつい加圧シャツは着ない方がおすすめです。

呼吸などの問題もありますし、ご飯を食べたら苦しくて仕方ないと言った問題も、起きてきます。

ダイエットにはこれ最適なのですが、やはり苦しくはなりたくないものです。

適度な、というのも使用には大事なポイントになります。

とっても効き目を感じたので寝る時にも

さてここで、この加圧シャツを1日中、それこそ寝る時にも使用するのはどうでしょうか。

調べてみると意外と多くの人が、睡眠中にも使用していることがわかります。

寝ている時にも身体は

身体と頭と心を休めるために、睡眠は重要かつ不可欠です。

しかし休めると言っても、睡眠中に身体は完全にストップするわけではありません。

寝返りなどの行動を、一晩中しているのです。

ということはここで加圧シャツを着ていれば、多くて8時間少なくても4時間位の間も、シェイプが可能だと言うことになります。

この睡眠時間、利用できたらかなりいいと思うのは、まあ当然のことですね。

できるだけ長く着ることで、効果を上げたいと思うわけです。

実際に着て寝ている人も

筆者としては実は、寝ている時の着用はあまりおすすめできないと言うか、しない派なのです。

しかし意外と多くの人が、寝ている時にも着用をしています。

口コミを見ていますと、寝ているときに着ていると気持ちいいとか、快適で体重も効果的に減った、などの意見も見られます。

寝ている時の汗も、加圧シャツがよく吸ってくれるので、朝起きた時にもいい感じだという口コミもありました。

しかし一方では、寝苦しくてダメ、締め付けでよく眠れないなどの意見もあります。

一概にダメとも、またいいとも言えない感じですね。

寝ている時にも着用したいという場合

口コミは様々ですが、やはり寝ている時に着るためには、それなりの条件を見極めることも必要です。

商品説明をよく読んで

しっかりした製品なら、商品説明もまたしっかりされています。

ですから、商品説明をよく読んでください。

実際に、寝る時の着用はしないでください、と明記されているものもあります。

また逆に、24時間着用可能になっているものもあります、この商品説明を軽く見ないで、しっかりと把握してから使用するようにしてください。

商品説明がある限りそれに反したら、何かあっても自己責任、ということになります。

サイズにも気を使って

普段は自分をプッシュするために、ちょっとサイズの小さめな加圧シャツを利用している、と言う人もいますね。

しかし睡眠時の着用の場合、小さすぎるサイズのものはさすがに、やめておくのがおすすめです。

何と言っても呼吸の問題があります。

睡眠時にしっかりした呼吸ができないのは、睡眠の質にも健康の問題にもなります。

無理のない程度のきつさのものにしましょう。

昼と夜、サイズを変えて着用と言うのも、これも一つの手ですね。

問題を感じたらすぐ着用中止を

これは普段の使用にも言えますが、もし問題を感じたらすぐに着用を諦めてください。

特に睡眠時の場合、眠りが浅くなったとか、起きたら疲労感が残る、熟睡した感じがない等の場合、これは睡眠時の使用はしないことです。

何より健康に問題が起きてしまいますので、健康と身体作りをしたくて着ることは、完全に逆効果になってしまいます。

いい睡眠をとるために効果的なら使用、そうでないならサクッとやめてくださいね。

睡眠時に着た加圧シャツの洗濯は特に

起きている時には、汗をひどくかいたとかかかないとか、自覚は可能です。

ひどく汗をかいたから、加圧シャツを着替えなくてはなど、すぐに対応ができます。

しかし寝ている時というのは、自覚がありません。

普通でも寝ている時にかく汗は、コップ1杯分だと言います。

加圧シャツを着て寝た場合、それ以上の汗をかいている可能性が大です。

できれば毎日の洗濯が望ましいところですね。

まとめ

加圧シャツは正しく使用すれば確かに、筋トレやダイエットに貢献してくれます。

ですから、睡眠時にも着用して、一層の効果を考える人も多いはずです。

しかし睡眠時というのは、自分の状態を自覚するのが難しいのも明らかです。

しかもしれが結構長時間続きます。

この時に加圧シャツを着るかどうか、その効果については百人百様です。

しっかりと注意をしてからの実行を、おすすめしたいですね。







スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 加圧シャツ