POWERIST

【2019年】私が絶対おすすめするダンベルランキングベスト3選

      2019/03/09

ダンベルを利用すれば、ジムへ通わなくても、筋力をアップする事ができます。

そのため、多くの方たちがダンベルを購入したいと思うでしょう。

所が、日本では健康志向の強い方たちが多い事から、ダンベルは人気商品になっているので、様々な種類が販売されています。

実際に、数多くのダンベルが販売されていたら、どの製品を購入したら良いのか悩んでしまうと思うので、おすすめの製品をランキング形式でご紹介します。

スポンサーリンク

第1位 IROTEC(アイロテック) ラバー ダンベル 60KG セット


Amazonで詳細を見る

143件のカスタマーレビュー

詳細はこちらから

片手5kg・7.5kg・10kg・12.5kg・15kg・20kg等調節が可能となっています。

ラバーリングが採用されており、床を傷つけにくくなっています。

音も静か初心者の方におすすめです。

ラバー部分がレッドになっており、華やかなのも特徴です。

詳細はこちらから

スポンサーリンク

第2位 PROIRON ダンベルセット ソフトコーティング


Amazonで詳細を見る

101件のカスタマーレビュー

詳細はこちらから

4.5kg/7kg/10kg/12.5kg/15kg/17.5kg/20kgの7段階でのトレーニングが可能です。

ラバー部分には、劣化・変色のしにくいシリコンラバーを採用し、無臭で耐久性も高くなっています。

90日間の製品保証期間がついているのも特徴の一つです。

詳細はこちらから

第3位 Wolfyok 純鋼製錆びないアレー


Amazonで詳細を見る

75件のカスタマーレビュー

詳細はこちらから

多角形構造のデザインを採用しており、転がりにくく安全な設計になっています。

TPU素材でステンレスを包み込んでいるため、耐久性が高く、床も傷つけません。

スクリュー式のシャフトが採用されており、プレートのゆるみや落下を防ぎます。

詳細はこちらから

知っておきたい!ダンベルの6つの効果

ダンベルは、筋トレのために重宝されている便利なアイテムのひとつですが、初心者だと、そのメリットをしっかり把握できていないことがあります。

しかし、ダンベルによるトレーニングを考えているのであれば、どのようなメリットがあるのか詳しく知っておかないと、効果的な使い方ができないこともあるのです。

では、ダンベルがもつ6つのメリットについて説明していきましょう。

自宅でできる

ダンベルはかさばらないので、場所の制限がなくなります。

スペースを圧迫することがないため、自宅に置いておくには最適であり、いつでも手軽にトレーニングを行うことができるのです。

もし、筋トレに使うものがバーベルだった場合は、自宅にかなり広いスペースがないと、窮屈になってしまいます。

場合によっては、置きたくても置けないことがあるので、購入するときは、スペースを確保できるか、きちんと確認しておかなければなりません。

トレーニングマシンなども同様であり、狭い場所に置くには、向いていない場合が多いのです。

しかし、ダンベルなら、それほど場所をとることはないため、たとえスペースが限られていても、置き場所には困りません。

それでいて、しっかりと負荷を加えるトレーニングが可能になるので、自宅での筋トレを考えている人には、ぜひおすすめです。

可変式でさらにスペースを節約

ダンベルには、固定式と可変式の2種類がありますが、より場所の制限が少ないのは、可変式の方です。

可変式は、ひとつ買っておくだけで、いろいろな重さに変えることができます。

そのため、最初は軽くして使い、慣れてきたら徐々に重くしていく方法が可能になります。

また、その日のコンディションに合わせて、最適な重さに調整することもできるのです。

これらの使い方は、固定式のダンベルでも可能ではありますが、そのためには数を揃えなければなりません。

固定式は重さを変えられないので、重さの異なるダンベルをいくつも揃えておかないと、細かい調整ができないのです。

しかし、ダンベルを何個も保管するとなれば、それだけ広いスペースが必要になってしまいます。

そのため、自宅で使うもので、なるべく場所をとらないものを購入するなら、可変式を選んでおきましょう。

細かく鍛えられる

ダンベルによるトレーニングは、バーベルを使うよりも、より細やかな鍛え方ができるようになります。

ここで注目したいのは、持ち方です。

バーベルは、両手でシャフト部分をにぎり、その状態で上げ下げを行うため、自然と両腕の動きが一致することになります。

一方、ダンベルを持つときは、両手に別々のダンベルを握って上げ下げすることになるので、自分でしっかり意識していないと、両腕の動きがバラバラになってしまうのです。

これは、一見するとデメリットのようですが、常に意識して左右の動きを揃えようとすると、あまり使わないような細かい筋肉にも刺激を与えることができます。

それなら、インナーマッスルの方まで、しっかり負荷をかけることができるのです。

バーベルだと、大きい筋肉はかなり鍛えられますが、左右の腕の動きが勝手に揃ってしまうので、あまり細かい部分までは鍛えることができません。

より精密な鍛え方したいなら、ぜひダンベルを試してみてください。

バランスよく鍛えられる

ダンベルを使ったトレーニングでは、左右に別々のダンベルを持つことになるため、きちんと意識していないと、両方の腕を同じように鍛えることはできません。

それでは、バランスのよいトレーニングができないように思えてしまいますが、実際は逆です。

左右の動きが揃わないことで問題点が見えてくるので、それを改善しやすくなるのです。

腕を別々に動かす方法だと、どちらの腕が弱いのか、より明確になります。

例えば、利き腕が右なら、右の方はかなり力強い動きになりますが、左はそれほどでもなかったりします。

腕を別々に動かす方法だと、ダンベルのトレーニングでは、その違いがより明確になるのです。

そうなると、弱い方を集中して鍛え、左右のバランスを整えるという方法が可能になります。

両手でシャフトを持つバーベルの場合は、強い方が自然と弱い方をカバーしてしまうので、どちらを鍛えるべきか、よくわからなくなってしまうことが多いのです。

そのため、バランスが悪いままでトレーニングを続けてしまうこともあります。

ダンベルなら、そうした失敗は少なくなるので、ぜひおすすめです。

いろいろなトレーニングができる

ダンベルを使うと、かなり自由な体勢でトレーニングができます。

単純に両手のダンベルを上げ下げするだけでなく、座って太ももに肘を固定する方法や、頭の後ろで上げ下げする方法、ベンチに片手片足をつく方法など、さまざまなトレーニングが可能になるのです。

そのため、鍛えたい部位によって最適な方法を選択し、効率よく体を鍛えることができます。

これがバーベルやトレーニングマシンだった場合、そこまでバリーションは広がりません。

可能な動作が限られてくるので、同じような筋肉しか鍛えられないのです。

どこか特定の部位を集中して鍛えるなら便利ですが、いろいろな筋肉を鍛えたい場合には、ぜひダンベルを導入してみましょう。

関節に負担がかからない

ダンベルによるトレーニングは、とても柔軟性があるため、関節にかかる負担が少なく、怪我などのリスクを軽減することができます。

例えば、ベンチプレスをするとき、バーベルを使うと、あまり腕が動きません。

バーベルを両手で握り、しっかりと持ち上げるには、肘や肩がほとんど固定された状態になります。

しかし、それだと関節に大きな負担がかかることもあるのです。

肩を痛めたりしないためには、きちんと正しいフォームを意識する必要があります。

一方、ダンベルによるベンチプレスの場合は、左右にそれぞれダンベルを持つことになるため、腕が固定されにくくなります。

そのため、肘や肩がある程度動かせるようになり、関節への負担が減るのです。

肩を痛めた人はダンベルで

ベンチプレスなどのトレーニングで、肩を痛めた経験があるという人は、ぜひダンベルを使ってみてください。

過去に痛めたことがあると、不安が残ってしまい、しっかりしたトレーニングができない可能性もあります。

そんなときは、負担の少ないダンベルを使いましょう。

同じトレーニングであっても、バーベルを使うより、ダンベルを使った方が違和感なくできることも多いのです。

体に優しいトレーニングで、ストレスなく体を鍛えてください。

広い可動域で効果を上げる

ダンベルによるトレーニングの柔軟性は、関節の負担を減らすだけでなく、より効果的な鍛え方をするためにも重要なことです。

動かせる範囲が広くなれば、それだけ伸び縮みが大きくなり、筋肉への刺激も増すことになります。

例えば、バーベルを使ってベンチプレスをした場合、腕を下げすぎると、シャフトが胸を圧迫することになるので、あまり下まで曲げることはできません。

つまり、可動域が限定されてしまうわけです。

しかし、ダンベルでベンチプレスをした場合は、かなり下の方まで曲げても、胸に当たる心配はありません。

左右それぞれにダンベルを持っているので、いくら下げても、胸を圧迫するようなことはないのです。

しっかりと下げてから持ち上げることができれば、トレーニングの効果はより高まります。

こうした可動域のメリットを得るためにも、ダンベルを積極的に使っていきましょう。

ダンベルは、便利なアイテムですが、効果的なトレーニングを行うためには、ここで紹介したメリットを頭に入れておいてください。

何も知らずに使っていると、せっかくのメリットをうまく利用することができません。

使用するトレーニング用品の特性を理解して、上手に使いこなせば、よいトレーニングができるようになります。

ダンベルでのトレーニングは毎日した方が良い?間を空けた方が良い?

ダンベルでトレーニングをしていると、これは毎日した方がよいのか、それともインターバルをおいてした方が良いのか、迷うものですよね。

間をあけた方が良いといわれることもありますし、毎日したほうが良いといわれることもありますから。

実際ダンベルでのトレーニングの場合には、どっちのほうが効果的なんでしょうか?

ここではそんな正しいダンベルトレーニングの頻度についてみていきます。

どちらも間違いではない

ダンベルトレーニングは、毎日することにも意味がありますし、インターバルを空けてすることにも意味はあります。

だから、一概にどちらが間違いだとは言えないんです。

では、それぞれ、どんな意味があるのでしょうか?

その意味を知って、自分がダンベルトレーニングに求めている効果を出せる方でトレーニングしていくのが一番です。

毎日するのは代謝アップに効果的

毎日ダンベルトレーニングをすることの意味は、代謝アップにつながるということ。

毎日運動をしているわけですから、その分代謝が良くなるのは当然といえば当然です。

だから、代謝を良くしたいというひとには、毎日ダンベルでトレーニングをするのもおすすめできます。

代謝を良くしたいというのはつまり、ダイエットをしている人になりますよね。

代謝が良くなれば脂肪が燃えやすくなりますから、その分ダイエットになりますので。

つまり、ダイエット目的で筋トレをしているのであれば、ダンベルトレーニングは毎日しても大丈夫です。

インターバルは筋肥大に効果的

では逆に、インターバルを空けるタイプのダンベルトレーニングには、どんな意味があるのでしょうか?

インターバルを空けるタイプのダンベルトレーニングは、筋肥大に効果的なんです。

つまり、より筋力がつくのが、こっちになります。

筋肉を大きくさせるためには、筋肉を一度壊してから、回復させないといけません。

その回復作業の中で筋肉が大きく強くなっていくというわけです。

でも、毎日トレーニングをしていたら、その回復のための時間が取れなくなってしまいます。

だから筋肉をより大きくしたいと思うのであれば、しっかりとインターバルを開けてダンベルトレーニングをしていくのがおすすめになります。

ダンベルの重さにもよる

毎日した方がよいのか、それともインターバルを開けてした方がよいのかというのは、自分がダンベルトレーニングに求めるもので決めていくのが一番です。

でも、自分がダンベルトレーニングに求めているものだけではなく、もう一つそれを決めるためのポイントがあるんです。

それが、ダンベルの重さです。

ダンベルの重さによって、毎日トレーニングをした方が良いのか、それともインターバルを空けた方が良いのかは変わってきます。

ダンベルが軽い場合は毎日するべき

では、ダンベルが軽い場合にはどうしたら良いでしょうか?

たとえばダンベルでは、5キロ以下くらいの軽いものを使用している方もいますよね。

その場合には、基本的には毎日することがおすすめです。

そのくらいの重さのダンベルであれば、筋肉はそこまで壊れていきません。

だから、丸1日それの回復のための時間を設けてあげる必要ないんです。

それよりも毎日やって筋肉を使ってあげる方が、筋肉がついていく可能性は高くなります。

なので、軽いダンベルの場合には毎日するのが効果的です。

重たい場合はダイエット目的でもインターバルをあけて

もしダンベルが重たいのであれば、たとえダイエット目的であっても、インターバルを開けてトレーニングを行っていくのがおすすめです。

最初のうちはそうして、とにかくそれを問題なく持ち上げることができるレベルまで筋力をつけていくんです。

そうして筋力がついていけば、それによって重たいダンベルがおもたくなることが出てきます。

そうすれば、それを軽いダンベルのようにして使用できて、毎日トレーニングしてもよくなります。

ただそのためにはやはり筋肥大が必要なので、最初は間を空けるのがおすすめだというわけです。

ダンベルの重さの感じ方は人それぞれ

ここで大事なのは、ダンベルの重さは人それぞれだということです。

たとえば5キロ以下くらいのダンベルであっても、人によってはすごく重たく感じて全然何回も持ち上げることができないということも出てくるものです。

でも、逆に5キロ以下くらいでは全然何も感じないという方もいます。

だから、一概に何キロの場合には毎日した方が良いとか、何キロの場合にはインターバルを開けた方が良いとかは言えないんです。

自分がその重さのダンベルをどう感じるのかによってやり方を変えていくのがおすすめです。

毎日やることの利点

実はダンベルトレーニングを毎日することには、ダイエット効果などの運動効果以外にも利点があります。

それが、続けやすいということ。

毎日するにしても、インターバルを空けてやっていくにしても、ダンベルを使ったトレーニングで大切なのは、ある程度の期間続けるということです。

すぐにやめてしまって効果が出るほどのハードなトレーニングではないのがダンベルトレーニングです。

というか、すごくハードなトレーニングであっても、基本的には続けないと効果は出ません。

だから、とにかく続けることは大切。

でも、インターバルを開けていると、「今日はやる日だっけ?

休む日だっけ?」というのが次第にあいまいになっていきます。

結果、途中から全くやらなくなってしまうことがあるんです。

そうして全くやらなくなってしまっていたら、当然それまでのトレーニングも無駄になりますし、家にあるダンベルも無駄になります。

それは困りますよね。

でも、毎日する方のダンベルトレーニングであればそうそうなることはありません。

毎日していれば習慣になりますから。

習慣にすればやらない日はなくなる

たとえば、歯磨きは習慣ですよね。

よほど疲れているとかよほど酔っているとかでなければ、それをしない日はないはずです。

習慣になれば、そうなるんです。

運動が完全に習慣になるまでには、3か月くらいはかかるものですが、習慣できる可能性があるというのは効果的なポイントです。

インターバルの利点

では逆に、インターバルを空ける方には、筋トレ効果以外の利点はないのでしょうか?

インターバルを開けることの利点は、時間をうまく使えることです。

毎日するとなると、毎日時間が削られます。

その時間はたしかに大した時間ではありません。

でも忙しい日にはそれがしんどいこともあるものです。

インターバルを空けるタイプのトレーニング方法であれば、単純にかかる時間は半分になります。

だから、たとえ忙しくてもそこまで大変に思うことはありません。

それは、インターバルを空けるタイプのダンベルトレーニングならではのメリットになります。

飽きないということもある

また、毎日やらない分、やる時には楽しんでやることができる可能性は高くなります。

歯磨きを楽しいと思うことはまずありませんが、たまにしないであろうパックでは、楽しいと思うこともありますよね。

それと同じことが、ダンベルトレーニングでも起こるんです。

ダンベルトレーニングを毎日した方がよいのか、それともインターバルをあけた方がよいのかというのは、ダンベルトレーニングに求める効果によって違います。

またさらにダンベルの重さによっても変わってきます。

だから自分がどのくらいのダンベルを重いと思うのか、そしてどんな効果をダンベルトレーニングに求めているのか、今一度考えてみてください。

失敗しないダンベルフロントレイズのポイント

ダンベルフロントレイズは、肩の三角筋前部を集中的に鍛えるトレーニングであり、たくましい肩をつくることができます。

ただし、その効果を得るためには、NGとなるポイントを知っておくべきです。

ダンベルフロントレイズについてよく知らないまま、適当なトレーニングをしたりすると、失敗してしまいます。

避けるべきポイントは、しっかり把握しておきましょう。

肘が伸びている

ダンベルフロントレイズは、体の前でダンベルを上げ下げするトレーニングです。

その動作は、腕をピンと伸ばして行うイメージもありますが、実際には、伸ばしたままのトレーニングはNGになります。

肘を曲げず、腕が伸びきったままダンベルを上げる行為は、関節に大きな負担をかけてしまうのです。

そのダメージにより、腕を痛めてしまう可能性があるので、あまり伸ばすのはよくありません。

怪我でトレーニングを中断しないためには、少しだけ曲げておくのがおすすめです。

軽く曲げた状態で上げ下げする方法なら、関節への負担が大きくなることはないので、安全に鍛えることができます。

つい伸ばしたくなることもありますが、肘の状態は常にチェックしておきましょう。

肘が下を向いている

ダンベルフロントレイズでは、肘の向きも意識しておく必要があります。

もし肘が下向きになっているなら、それはNGな状態です。

肘を下に向けたときも、関節へのダメージが大きくなってしまうため、怪我をする可能性が高くなるのです。

また、三角筋前部をしっかり刺激できないというデメリットもあります。

いくらがんばったところで、目的の筋肉をあまり刺激できないのでは、よいトレーニングにはなりません。

失敗を防ぐためには、肘を外側へ向けるようにしてください。

外側に向いている状態なら、関節に余計な負担をかけたり、三角筋への刺激を弱める心配はありません。

筋肉が収縮する感じもわかりやすくなるので、それを意識しながら行うようにしましょう。

肩をすくめる

ダンベルフロントレイズでダンベルを上げるときは、肩をすくめるような動きになってしまうこともありますが、それも避けるべきNGポイントのひとつになります。

三角筋をしっかり鍛えるためには、肩をすくめたりしてはいけません。

肩をすくめると、三角筋に刺激を集中させることができず、効率が悪くなってしまうのです。

そのような失敗を防ぐには、肩を下げることを意識してください。

腕を上げるとき、肩も一緒に上がってしまうと、刺激が逃げてしまいます。

肩を常に下げた状態で行っていれば、ダンベルフロントレイズの本来の効果を、確実に得ることができるのです。

体を反らす

ダンベルフロントレイズでは、ダンベルを上げると同時に、体を反らしてしまうことがあります。

重いダンベルを体の前で持ち上げるとなれば、うっかり後ろに傾いても無理はないように思えますが、体の反りはできるだけ抑えるべきです。

体を反らすと、背中や腰に負担をかけてしまうため、怪我のリスクが高まることになるのです。

また、三角筋への刺激も弱まるため、よい効果は期待できません。

ダンベルフロントレイズの効果を正しく得るためには、体を反らすのではなく、少し前傾姿勢になるのがおすすめです。

しっかりと胸を張って、少しだけ前に体を傾けると、三角筋に刺激を集中させることができます。

よいフォームを考えたときは、まっすぐ立つことを思い浮かべることも多いですが、前傾姿勢だとより効果が高まるので、ぜひ試してみてください。

反動をつける

ダンベルフロントレイズの効果を確実に得るためには、きちんと筋肉を使うことが大切です。

なかなか持ち上がらないからといって、反動の助けを借りてしまうと、筋肉への刺激が減ってしまいます。

また、関節にも負担がかかるため、腕を痛める可能性が高くなるのです。

したがって、安易に反動をつけるのはおすすめできません。

上半身を振るように動かせば反動をつけるのは簡単ですが、なるべく余計な動きを抑えて、筋肉の力だけで持ち上げるようにしましょう。

反動が必要ない重さで

ダンベルを持ち上げるとき、どうしても反動をつけないと持ち上がらないとすれば、重さが合っていない可能性が高いので、軽いものに変えてみてください。

自分のレベルに合った適切な重さであれば、反動をつけなくても普通に持ち上げることができます。

効果をできるだけ高めたいときは、「もっと重いものを使わなければ」と考えてしまうことも多いですが、やりすぎは禁物です。

体に負担をかけたり、筋肉への刺激を弱めたりしないためにも、無理なく持ち上げられるものを使いましょう。

高さが足りない

ダンベルフロントレイズは、ただダンベルを持ち上げればよいわけではありません。

持ち上げるときは、高さに注意してください。

上げ方が中途半端で高さが足りなかった場合、三角筋への刺激が弱まってしまいます。

ダンベルを上げるときは、必ず肩の高さまで上げるようにしましょう。

肩と腕が同じ高さになっていれば、三角筋前部を確実に刺激し、しっかりと鍛えることができるのです。

そのためには、自分に合った重さを選ぶことも忘れないでください。

ダンベルが重すぎると、腕の動きが制限され、高く上げられなくなる可能性があります。

腕の動きを妨げない適度な重さで、効果的なトレーニングをしていきましょう。

ダンベルをくっつける

ダンベルフロントレイズでは、上げた左右のダンベルをぶつけてしまうこともありますが、それは避けるべきです。

上げたときにダンベルをくっつけると、三角筋への刺激が弱まる可能性があるのです。

そうなると、肩を集中的に鍛えることができなくなってしまいます。

失敗しないためには、上げたところで気を抜かず、ダンベルの位置をしっかり固定するようにしましょう。

ダンベルが揺れたりしないように、しっかりと支えてください。

左右のダンベルを常に離していれば、三角筋前部を刺激し続けることができます。

動きが速い

ダンベルフロントレイズの効果を弱めないためには、あまり速い動きで上げ下げするのはやめてください。

せわしなく腕を動かして回数を増やしたとしても、よい効果は得られません。

しっかりと三角筋を鍛えるためには、なるべくゆっくりと腕を動かすことをおすすめします。

そうすると、三角筋前部への刺激がより強まるのです。

特に、腕を下げるときは注意してください。

下げるときは、ダラリと一気に下げてしまうことも多いですが、それでは刺激が弱くなってしまいます。

最後まで気を抜かず、ゆっくりと徐々に下げていけば、常に高い負荷をかけることができるのです。

上で止める

三角筋への刺激を強めるのであれば、腕を肩まで上げたところで、いったん停止させることも忘れないでください。

上げた腕をすぐに下ろしたのでは、あまり刺激を与えることができません。

刺激をしっかりと集中させるためには、腕を肩まで上げたところで、1~2秒くらいピタリと停止させるようにしましょう。

この方法は、流れるように動かすよりも少し大変ですが、それだけ筋肉への負荷が高くなります。

止める時間をつくり、ゆっくりじっくりと行うことも、ダンベルフロントレイズのコツなのです。

ダンベルフロントレイズで肩を鍛えるなら、あまり適当な方法で行うのはよくありません。

ここで紹介したようなNGポイントを知らずに行っていると、なかなか効果が出なかったり、怪我をしてしまうこともあるのです。

そうした失敗をしないためには、避けるべきポイントを確実に避けるようにしてください。

常に正しい方法で行っていれば、デメリットを防ぎ、よい結果を出すことができます。

ダンベルウォーキングのメリット・デメリット

健康のためにウォーキングをしている方は多くいますが、中にはダンベルを持ってウォーキングをしている方もいます。

では、ダンベルを持ってウォーキングをすると、どのような効果を期待することができるのでしょうか?

また、ダンベルウォーキングのメリットとデメリットとはどのようなことなのでしょうか?

ここでは、それらのことについて解説していきます。

そもそもダンベルウォーキングとは

ダンベルウォーキングとは、その名の通り、ダンベルを両手に持って行う積極的な歩行運動のことです。

普通のウォーキングは比較的身体に優しい運動なため、小さい子供から高齢者まで誰でも行うことができます。

しかし、ただ歩くだけでは負荷が小さすぎることから、少しでも負荷を強くしたいという思いでダンベルを持ってウォーキングをする方もいます。

ダンベルウォーキングは普通のウォーキングと違ってダンベルを持って歩くので、正しく行うことが大切です。

正しいダンベルウォーキングの方法とは

ダンベルウォーキングの効果やメリットなどを説明する前に、まずはダンベルウォーキングの正しい方法を説明していきます。

ダンベルウォーキングは、とても硬く重量のあるものを持って歩くため、正しく行うことが大切です。

正しく行わないと、筋肉や関節を痛めたり、事故に繋がることもあるので注意して行いましょう。

ダンベルウォーキングで持つダンベルの重量

では、ダンベルウォーキングをする場合、どのくらいの重量のダンベルが最適なのでしょうか?

それは、女性だと0.3kgくらいから始めると良く、慣れてきたら0.5kgまで増やすと良いです。

一方、男性の場合は、0.5kgくらいから始め、慣れてきたら1kgまで増やすと良いです。

女性も男性も、最大で1kgまでにしておくことをおすすめします。

それは、それ以上重いダンベルを使用すると、関節や筋肉を痛めるリスクが高くなるためです。

また、左右に持つダンベルは、同じ重さのものを持つことも大切です。

左右違った重さのダンベルを持ってウォーキングをすると、バランスが崩れたり、変なふうに負荷がかかって怪我をしてしまうこともあります。

ダンベルウォーキングの正しいフォームとは

ダンベルウォーキングは、基本普通のウォーキングと同じフォームになります。

背筋をピンと伸ばし腕を振り、踵から着地をして歩きます。

猫背になっていると、腰や膝などに余計な負担をかけてしまい、それらを痛めてしまう原因になるため注意しましょう。

そして、腕を振ると言いましたが、両手にはダンベルを持っているため、腕を振ると振り子のような働きが高まり、勢いよく大きく振り過ぎることで関節などを痛めてしまう場合があるため、腕の振り過ぎには注意が必要です。

また、通常のウォーキングと同じく、歩幅を大きくして歩くことも大切です。

ダンベルウォーキングは何分行うと良いのか

通常のウォーキングは、一般的に20分以上は歩きます。

ダンベルウォーキングの場合も、通常のウォーキングと同じく20分以上歩くと良いです。

20分以下でもカロリーは消費され、脂肪は燃焼されますが、ちょっとの時間の運動ではたいした効果を得ることはできません。

基本、ウォーキングというのは、歩く時間が長いほど効果を得ることができます。

そのため、1日20分以上ダンベルウォーキングすることをおすすめします。

しかし、歩き過ぎるとオーバーワークになってしまい身体には良くないので、何時間も歩かないことも大切です。

何事も程々が良く、30分~50分くらいが最適で、長くても1時間までにしておくと良いです。

ダンベルウォーキングの頻度

ダンベルウォーキングは毎日行ってもかまいませんが、定期的に休養をとることは大切です。

休養をとらないと疲労は徐々に蓄積していき、オーバーワークになってしまうので注意しましょう。

逆に頻度が少なすぎても良くなく、週に1、2回くらいではしっかり効果を得ることはできません。

では、週に何回が最適なのかというと、少なくても週3回、多くて週5、6回が最適になります。

ダンベルウォーキングを始めた頃は体力がないでしょうから、週3回でもかまいません。

ダンベルウォーキングを続けていけば体力が徐々についていくので、体力がつくに従って行う頻度を増やすと良いでしょう。

ダンベルウォーキングの効果(メリットについて)

それでは、ダンベルを持ってウォーキングをするとどのような効果、どのようなメリットが得られるのでしょうか?

それは、ダイエット効果が高まる・背中や胸も鍛えられる・腕が引き締められる、などの効果(メリット)を期待することができます。

ダイエット効果が高まる

ダンベルを持ってウォーキングをするため、普通のウォーキングよりも身体には負荷がかかります。

そのため、消費カロリーは多くなり、ダイエットには効果的です。

いくらダイエットに効果的だといっても、重すぎるダンベルの使用は怪我の原因になります。

ダンベルウォーキングは軽いダンベルで十分なため、女性は0.3kgか0.5kgのダンベル、男性は0.5kg~1kgのダンベルを使用するようにしましょう。

体力に自信のある女性でも、1kgまでにしておきましょう。

背中や胸が鍛えられ腕が引き締まる効果

ダンベルを持ってウォーキングすることで、上半身には負荷かかかりやすくなり、腕は引き締められ、背中や胸なども鍛えられます。

そのため、ダンベルウォーキングは、二の腕のたるみが気になる方や、バストアップしたい方にはおすすめです。

しかし、バストアップしたい場合は、しっかりと腕を振って歩くことが大切です。

しっかり腕を振るといっても、前述した通り、腕を勢いよく振り過ぎると関節などを痛める原因になるため注意してください。

また、腕を振ってダンベルが人にぶつかると大変なため、周囲に注意して腕を振りましょう。

ダンベルウォーキングのデメリットとは

ダンベルウォーキングはダンベルを持って歩くため、当然、肩や肘などには負担がかかりやすくなります。

また、ダンベルを持てば体重は重くなるため、膝にも負担がかかりやすくなります。

そのため、重量が重すぎるダンベルを持ってウォーキングをすると、関節や筋肉を痛めてしまう可能性があります。

また、勢いよく腕を振り過ぎることで、それらを痛めてしまうこともあります。

その他にも、鉄アレイなどのダンベルを持って歩くことで、危険人物に見られてしまう可能性も少なからずあります。

それは、鉄アレイなどのダンベルは非常に硬いため、凶器になる可能性があるからです。

今の世の中は、不審者による怖い事件が多くなっているため、昔よりもその事件に警戒している人は多くいます。

そのため、危険人物に見られても仕方ありませんが、ダンベルウォーキングをする場合は、ダンベルウォーキング専用のダンベルを使うと良いでしょう。

ダンベルウォーキング専用のダンベルは、ウォーキングがしやすい形状をしており、凶器になるようにも見えないのでおすすめです。

ダンベルを持ってウォーキングをすると、負荷が強くなるため、普通のウォーキングよりもキツクなります。

そのことにより、長い時間歩けなくなる方や挫折しそうになる方は、ダンベルを持たずに歩くと良いでしょう。

長い時間歩けなくなると運動効率は悪くなり、途中で挫折してしまうと意味がありません。

それでは、ダンベルウォーキングをする場合は、ダンベルが近くの人や物などに当たらないように、注意して行ってください。

ダンベルでの二の腕痩せのポイントとおすすめダンベル

FIELDOOR カラーダンベル 12kg×2個セット エクササイズ クロロプレンゴムコーティング

プニプニの二の腕が気になっていて、何とか引き締めたいと願っている女性も多いはずです。

食事制限のダイエットでは二の腕だけ細くするのは難しいですし、ウォーキングなどの有酸素運動は下半身の脂肪を減らすにはいいですが、二の腕に効果が出にくいです。

やはり二の腕に適した運動を加えてあげるのが効果的で、ダンベルを上手に活用してみましょう。

そんな二の腕痩せにぴったりなダンベルの効果について紹介しましょう。

二の腕に脂肪が付きやすい理由とは

痩せている女性でも、二の腕だけはプニプニしていて脂肪が付いているとお悩みの方も多いはずです。

二の腕に脂肪が付いてしまう原因は、筋肉が衰えているからです。

普段の生活で腕は使っているようなイメージがありますが、実は腕の筋肉の一部分だけしか使われていません。

物を持ったりする時に使われる筋肉は上腕二頭筋という表側の筋肉だけですから、裏側の筋肉腕三頭筋は意識して運動しないと日々衰えていってしまいます。

筋肉が衰えると自然と脂肪が付きやすくなって二の腕が太くなり、たっぷりと二の腕の下側に脂肪が蓄積されてしまいます。

ダンベルでトレーニングに関する疑問

二の腕を引き締めるためには、負荷をかけた運動をするのが一番で、それに適しているのがダンベルです。

ダンベルで運動やトレーニングをすると、男性みたいに力こぶができて筋肉ムキムキになりそうだと、心配になるかもしれません。

女性にも男性ホルモンは多少分泌されていますがごくわずかですから、普通の筋トレ程度では筋肉ムキムキになる心配はありません。

定期的にジムに通ってトレーニングをしている女性でも、筋肉ムキムキの人はほぼいませんから、ダンベルを使ったくらいではマッチョな腕になることはありません。

ハードな運動は毎日続かないと不安になっている方もいるはずです。

軽めのダンベルを選んで体に負担がかからない運動をするだけですから、それほど疲れず長続きしやすいです。

二の腕に筋肉を付けて脂肪を引き締めるためには、毎日ダンベル運動をする必要はなく、週に3回程度でも充分です。

ダンベルで得られる意外な効果

ダンベルで運動を始めると、二の腕を引き締める以外にも女性には嬉しい効果がいくつかあります。

代謝アップで全身のダイエットになる

二の腕をダンベルで鍛えてあげると、筋肉量が増えてくれます。

腕だけを鍛えているつもりでも、実はお腹や背中、体幹など、様々な筋肉に作用していて、体全体の筋肉量が増えてくれます。

筋肉が増えると基礎代謝もアップしますから、運動したり動き回っていない時でも自然と脂肪が燃えやすくなります。

体重が減ってきたり下半身が細くなってくるなど、脂肪が減少することで全身のダイエットにも効果があります。

理想の体型にどんどん近づけて、メリハリのあるボディを維持できます。

部分痩せにぴったり

ダンベルを持って特定の部位の筋肉のみを鍛えられますから、食事制限や有酸素運動では不可能な部分痩せができます。

特に脂肪がたっぷり付いた二の腕を引き締めてくれますし、腹筋や背筋なども使いますからぽっこりお腹や背中の贅肉を減らしてくれます。

ダンベルトレーニングのやり方次第では、ヒップや太ももも一緒に引き締めていけます。

気になる部分をピンポイントで痩せやすくする効果があり、負担の軽い運動なのにシェイプアップ効果が抜群です。

代謝アップとデトックスで美肌に

ダンベルトレーニングをすると血行とリンパの流れがよくなり、しっかりと汗をかけるようになります。

手足の先まで血液がめぐって老廃物もしっかり排出されますから、冷え性やむくみなどの悩みを改善してくれます。

肌にもいい効果を与えてくれて、ターンオーバーが整って肌内の老廃物もしっかり排出できるようになります。

肌のハリツヤがアップして肌荒れも回復しやすくなり、毒素がしっかり出ますからニキビケアにも役立ってくれます。

酸素と栄養が肌にも届いてくれて、美肌やアンチエイジング効果がアップします。

二の腕痩せにぴったりなダンベル運動

初心者でも簡単にできるダンベル運動を紹介します。

まず、ダンベルを持ったまま腕を真横に上げていき、床と平行になるように上げ下げする運動です。

立った状態でもいいですし、正しい姿勢を取って椅子に座ったままでもできます。

二の腕を引き締めるだけでなく、背中もすっきりしていけます。

机などに寄りかかって片手で支え、前かがみの姿勢を作ります。

反対側の手にダンベルを持って、ゆっくりと腕を後ろへ上げ下げしていきましょう。

腕が曲がらないように注意することと、腰が丸くならないように気をつけましょう。

どちらの運動も目安としては、1セット8回を3セット程度やるのがおすすめです。

最初のうちは慣れなくて大変でしょうから、ダンベルの重さを軽くしたり回数少なめから始めましょう。

FIELDOOR カラーダンベル

FIELDOOR カラーダンベル 12kg×2個セット エクササイズ クロロプレンゴムコーティング

0.5kgから10kgと豊富な種類がそろっていますから、男女関係なく自分に合わせて選びやすいです。

ピンクや赤などのかわいい色もそろっていますし、ブラックやグレーなどのシンプルな色もあります。

部屋に置いてあってもちょっとしたインテリア代わりになってくれて、側面に重さがしっかり書かれてありますから複数持っていてもごっちゃになりません。

表面は特殊なクロロプレンゴムで覆われていますから、床に置きっ放しでも転がりにくいです。

トレーニング中に汗で嫌な金属の臭いが付くのを防いでくれて、グリップも滑りにくくなっています。

LICLI ダンベル

LICLI ダンベル 2個セット 0.5kg 1kg 2kg 3kg 4kg 5kg 筋トレ 鉄アレイ ソフトコーティング (3kg)

ユニークな形がとてもかわいい女性向けのダンベルです。

0.5kgから5kgまでありますから、その人のレベルに合った重さを選びやすいです。

ポップでかわいい色がせいぞろいですし、流線型のような美しいデザインが部屋でも映えます。

表面はソフトゴムコーティングされていますから、床を傷つけたりする心配もありません。

グリップは握りやすい形状ですし、汗で滑りにくくなっていますから安心してダンベルトレーニングに励めます。

Amazon ベーシックダンベルセット スタンド付 3ペアセット

Amazonベーシック ダンベルセット スタンド付 3ペアセット (約0.9kg, 約1.4kg, 約2.3kg) ×2

0.9kg、1.4kg、2.3kgと重さの違ったダンベル3種類がセットになっていて、しかもスタンドまで付いています。

本格的なダンベルトレーニングをしている方におすすめで、その時のトレーニングにぴったりなものを選びやすいです。

女性向けのカラフルな色ですし、保管しやすいようにしっかりしたスタンドがありますから便利です。

ネオプレーンでコーティングされていますから、握りやすく運動しやすくなっています。

3種類のダンベルとスタンド付きで2000円台ですから、コスパにも優れています。

ダンノ トレーニング用ダンベル ポリアレー

ダンノ(DANNO) ポリアレー イエロー D395Y

水を入れて重さを変えられるウォーターダンベルです。

最大で3kgになりますから、トレーニング初心者や女性にぴったりです。

軽いプラスチック製で色もポップな3色そろっていますから、好みに応じて選ぶことができます。

素材が金属ではありませんから、落としても怪我をしにくく安全性にも優れています。

保管しやすくグリップも細めですから、女性の二の腕痩せにおすすめです。

二の腕だけを部分痩せで細くするためには、やはり筋肉を鍛えないといけません。

初心者でも続けやすくて簡単な動きで筋肉を鍛えられるダンベルなら、痩せにくい二の腕にもしっかり作用します。

100円ショップのダンベルでもいいですが、長期的にトレーニングすることを見越して、きちんとした物を買っておくのがおすすめです。

一度買えば長期間使えますし、ほっそりした二の腕目指してダンベルで運動を始めてみましょう。

ダンベルのネット通販で購入するメリット・デメリット

ダンベルを買うならば、Amazonなどのネット通販で買うという方が多いです。

でも、ダンベルを重たいものになりますよね。

となると一つ懸念するべき点が出てきます。

それが、配達してくれる人への迷惑です。

たしかにいきなり30キロくらいあるものを運ばないとならなくなったら、すごくつらいです。

ダンベルをネットで買うのは、果たして迷惑になることなんでしょうか?

出来れば運びたくないのが本音

配達する人は、別に多少重たいものだろうと、段ボールに入れられたボールペン1本だろうと、何を運んでも給料が変わることはありません。

もし自分がそういう環境で働いていると想像してみてください。

自分が配達する段ボールの山の中に、たまたまダンベルが入れられたすごく重たい段ボールがあったらどう思うでしょうか?

まず間違いなく、アンラッキーだと思いますよね。

このように、いくらプロだからとは言っても、それを運んでも何一つメリットがないわけですから、配達員の人にとっては、ダンベルはできれば運びたくないというのが本音になります。

もちろん態度には出さない

ただいくら重たいからといって、それを運ぶことを依頼されるのが嫌だということを、全面的に出してくる人はそうそういません。

やっぱりプロはプロですから、たとえ多少重たくて、多少嫌だと思っていても、しっかりと運んでくれるんです。

それも嫌な顔一つせず。

重たいですねーくらいは言うかもしれませんが、それは一つの世間話で、別に嫌味を言っているわけではないという方がほとんどです。

でも、嫌なことは間違いないので、ダンベルをネットで買う際には、多少はそれを運んできてくれる人のことを考えるべきではありますね。

注文を避けろということではない

じゃあ、ダンベルをネットで買うのはやめろというのかというと、別にそういうわけではありません。

実際もしダンベルをネットで買うことが出来なくなったら、どこかの店舗で買ったダンベルを、家まで自分で持って帰らないといけなくなります。

それはすごく大変ですよね。

最寄りの駅から家まで近かったり、あるいは車で買いに行けるような人であれば問題はありませが、駅から家が遠くて車もないという場合には、すごく大変なことは間違いありません。

だから、別にダンベルをネットで買うのを避けるべきだというわけではないんです。

気遣いが必要だというだけ

ではどうすればいいのかというと、ダンベルをネットで買う際にはやっぱり、気遣いが必要だということです。

たとえば、なるべく暑くないような時間帯を選んで時間帯指定をかけるとか、あるいはもって来てくれた時にねぎらいの言葉をかけるとか。

もしくは、ちょっとした飲み物程度の差し入れを入れるというのも一つの気遣いです。

もちろんそれはペットボトルなどの、配達中に車で飲めるものでないとなりませんが。

そうしたほんの少しの気遣いがあれば、たとえちょっと重たいダンベル等を運ばないとならなくなったとしても、きちんと誠意をもって丁寧に運んで来てくれるようになるはずです。

そしてこうした気遣いをすることは、こちらとしても気分が良くなります。

誰かに嫌なことを押し付けている時というのは、どうしても気分が悪くなるものです。

気分が悪くなるとまでは行きませんが、後ろめたい思いを感じる人はたくさんいますよね。

でもこうして気遣いをしていたらどうでしょうか?

その気遣いをしているという行為を俯瞰で見ることによって、多少なりともその罪悪感は薄れていくんです。

だからお互いに、ネットでダンベルを注文すること、ダンベルを運ばないといけないことが苦ではなくなるんです。

そうできるのであればそうした方が良いです。

だから、ダンベルをネットで買う際には、ぜひこうした気遣いをしていってください。

ダンベルはネットで買う人が一番多い

このように、確かにダンベルをネットで買うことは配達員の人にとっては迷惑になりますが、気遣いをすればお互いに気持ちよく取引ができるわけです。

そして実際に、ダンベルはネットで買うという人が圧倒的に多いです。

多いからこそ、ダンベルを運ばないといけないのを迷惑に感じるということもあります。

それは、こうしてたくさんの人がダンベルをネットで買うくらい、ネットでダンベルを買うこと自体はありだということですね。

でも、どうしてみんなネットでダンベルを買うんでしょうか?

それはもちろん、ダンベルをネットで買うメリットがあるから。

では、ダンベルをネットで買うことには、どんなメリットがあるというんでしょうか?

一つは間違いなく、持ち運びが楽になることですが、それ以外にもメリットはあるんです。

ネットであれば品そろえが豊富

ダンベルをネットで買う一番のメリットは、やっぱり品ぞろえです。

スポーツ用品店などでもたしかにダンベルは売られています。

でもスポーツ用品店はあくまでも、ダンベルの専門店ではないです。

だからダンベルだけで見ると、決して品ぞろえが豊富だというわけではないことが多いんです。

あんまり品ぞろえが豊富ではないとなれば、自分にしっくりくるダンベルを見つけることができなくなる可能性も高くなります。

そうして妥協して選んでしまうと、結局使わなくなったりすることもありますよね。

でもネットで買えば、見た目の好みもしっくりきて、しかも重さもしっくりくるようなものも見つけられるようになります。

そうなれば、当然そのダンベルをたくさん使うようになるんです。

結果、良い買いものにつながる。

これがやっぱりネットでダンベルを買うことの一番のメリットなんです。

ネットで買うことには料金的なメリットもある

さらに言えば、ネット通販の方が、料金的に安いことも多いんです。

もしネットの方が高ければ、多少重たい思いをしても店舗で買って持って帰ったほうが良いと思う人もいるでしょう。

しかしこの通り、基本的にネット通販の方が安いです。

それは、ダンベルだけに限らず、他の商品でも割とそうですよね。

たとえば、ちょっとした化粧品なんかも、ドラッグストアで買うよりもAmazonで買うほうが全然安かったりします。

やっぱり店舗を持たない分、余計なコストがかからず安く抑えることができるようになるんです。

店舗で買うことよりもメリットが多いし大きい

楽に買うことができて、かつより安く買える。

しかも品ぞろえも豊富となれば、逆に店舗でダンベルを買うメリットはすごく少なくなりますよね。

もちろん全くメリットがないわけではなく、店舗で買うことには、重さをしっかりとチェックしながら買うことができるというメリットなどもあります。

だから、絶対になしというわけではありません。

でも、そのメリットはやっぱりネットで買うことのメリットと比べると弱いですよね。

ダンベルの重さは可変式のものも多いですから、実はそこまで気にすることではないですし。

だからやっぱり、ネットでダンベルを買うことは、おすすめできます。

しっかりと気遣いをしつつ、ネットでダンベルを買っていくのがベストなんです。

たしかにネットでダンベルを買うと、配達員の人にとっては多少なりとも迷惑になります。

でもネットで買うことにはすごくメリットがあるし、実際に多くの人がそうしている。

だから、それはしたい。

それを問題なくするためにも、ネットでダンベルを注文する際には、なるべく配達員の人に気遣いをすることが大切になるというのが、ここでの結論になります。

まとめ

ダンベルを利用している方たちは、安全面まで気にする方が多いので、床にキズが付きづらくなっているラバータイプの製品が多いです。

実際に、ラバーが付いているタイプのほうが、仮にダンベルを足元に落としても大怪我になりづらいです(ダンベルの重量によって大怪我になる場合もあるので注意)。

ただし、寒い冬場の季節にダンベルシャフトが冷たくなる製品もあれば、冷たくならない製品もあるので、ダンベルを選ぶ際にはダンベルシャフトまで注目して検討して下さい。









免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ダンベル